株の初心者が少額資金30万で失敗せずに、100万円稼ぐ投資法!

スライド01

 

株初心者は、30万の資金があれば毎月数万円の儲けが出せると考えているのではないだろうか。いったい30万円の資金を準備していくらの儲けになるのだろうか。株初心者に向けて簡単に解説していこう。

30

株初心者が少額投資で稼ぐことのできる資金量の目安は?

株式投資は、投資資金が多ければ多いほど有利だが、初心者がいきなり大金を投資して勝ち続けられるほど株式投資は甘くない。初心者が大金を投じて、ただやみくもにトレードを繰り返しても、あっという間に短期で資産を失ってしまうだろう。

しかし逆に、投資資金があまりに少額過ぎると、購入できる銘柄が限定されてしまい、たった一度の損失で資金が底をついてしまう可能性がある。

スタートの目安としては30万円ぐらいの投資資金を用意し、慣れてきたら徐々に資金を増やしていくのが良いだろう。

どんな取引を行うの?

株の取引方法には、自分の資金と株式で取引する「現物取引」と、証券会社から資金と株式を借りて、自分の手持ちの資金以上の金額で取引できる「信用取引」があるが、少ない投資金額で効率的に利益を上げるために、「信用取引」を利用することをおすすめする。

「信用取引はリスクが高い」「大きな損失を出して借金を作ってしまいそう」といった理由で、信用取引に拒否反応を示す個人投資家も多いが、ルールを守って正しく利用すれば、信用取引は効率的に資金を増やすための大きな武器となる。

また投資の対象となる取引には、現物・信用だけでなく日経平均先物、そして株式投資以外にも為替証拠金取引(FX)などがあるが、少額の資金で効率よく利益を上げるためにはどの商品に投資すればよいだろうか?

そこでまずは、小額投資をするうえで有用なNISAについて解説していこうと思う。

 

NISAとは

株式投資、投資信託、これら以外の金融商品において投資を行った結果、売却時に利益が発生したり配当を受け取ったりしたとする。

この場合、通常であればその利益や配当に対して20%の税金がかかる。

ただしこれは通常の証券口座などを使用した場合の話である。

 

ここで登場するのがNISAだ。

NISAとは先述の20%の税金が免除される制度のことだ。

NISA口座を作成し、その中で行った取引に関しては年に一定額までこの税金免除制度、すなわちNISA制度が適用されるのである。

イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルにした日本版ISAとして、

NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)という愛称が使用されている。

 

少額投資でNISAを用いるメリット

 

少額で投資を行う場合、先述の利益にかかる20%の税金というものがかなりの重しになる。

株は買った単元数に応じて利益や配当金額が変わる。

少額投資の場合、当然購入できる単元数が始めから限られてしまう。

ということは得られる利益も少なくなる。

100万円から20万円税金で持っていかれるのも痛いが、1万円から2千円持っていかれる方が実害は大きい。

この実害を防ぐために、少額投資であればこそNISA口座の使用を考えるべきである。

 

NISAを用いる際の注意点

 

さて、ここまでの事を読むとNISA口座は良いことしか無いように感じる。

基本的にデメリットはないのだが、注意しておかなければならない点はいくつかある。

 

・NISA口座での取引は、年間120万円が上限。

・NISA口座内での利益、損失と他の口座(一般、信用)とを損益通算できない。

・NISA口座での損失の繰越控除もできない。

・NISA口座は原則1人に1口座。

 

これらが代表的なところだ。

また、NISA口座は信用口座ではないので、レバレッジを効かせた取引や空売りなどの手法は使えない。

現物買いのみが使える手法だ。

 

というところがNISAの特徴になっている。

少額から大きな

 

商品証拠金レバレッジ最低取引単価
現物取引なしなし1~1000株
信用取引30万円約3倍1~1000株
日経225先物780000円 ※1約20倍1000倍
日経225ミニ先物78000円 ※1約20倍100倍
為替証拠金取引取引金額の4%相当約25倍 ※21000~10000通貨

※1:SBI証券・楽天証券・カブドットコム証券など大手ネット証券の証拠金
※2:法人口座であれば100倍、また海外では500倍のレバレッジが使える業者もある

現物取引は、レバレッジを使わないため手持ち資金以上に損をすることはないが、元手が少なくても利益を上げるためには「安く買って高く売る」しかなく、軟調な相場では利益を上げることは難しい。

また、日経平均先物はレバレッジを使えるが、証拠金が780,000円と高額で、少額投資を目指す個人投資家には手が出しにくいため、まずは信用取引からスタートし、慣れてきたところで日経225ミニ先物や為替証拠金取引に取引を拡大していくのがよいだろう。

信用取引30万円の資金で毎月2万稼ぐ方法!

一か月のうち取引が可能な日を20日営業日とすると、月2万円の利益目標を達成するためには1日1,000円稼げばいい計算になる。(手数料は考慮しない)

こう考えると、月2万円の利益目標なんて楽勝だと思えるが、毎日コンスタントに勝ち続けることは難しく、実際はそう簡単にはいかない。

毎月2万稼ぐ投資戦略としては、時価総額の小さい中・小型株を順張りで狙うのがよいだろう。

中・小型株は値動きが大きく、一日で10~20%動くこともザラで、少額投資家でも利益を狙うチャンスが多いが、時価総額の大きい大型株や値嵩株の場合、資金の大半を拘束されてしまうため、他の銘柄で利益を狙うチャンスを逃してしまうことにもなりかねない。

また、大きく下落した銘柄のリバウンドを逆張りで狙う手法は、株価の底を予想しなければならず初心者には難しい。逆張りを狙うより、出来高が急増するなど上昇の初動が見られる銘柄を順張りし、トレンドに乗って取引した方がはるかに稼ぎやすい。

信用取引のメリットは、投資効率の高さだ。例えば、1,000円の株を1,000株購入する場合、現物取引では現金100万円が必要だが、信用取引なら委託保証金30万円で取引できる。この株が1,100円に値上がりした場合、投下資金ベースで考えると現物取引では10%、信用取引なら33%以上の利益率になる。

30万円の投資資金でスタートし、毎月2万円の利益を上げると仮定した場合、現物取引と信用取引では以下のように差が出てくる。信用取引がいかに効率の良い取引であるか一目でわかるはずだ。

30万円で月2万円ずつ稼ぐと仮定した場合のシミュレーション(利率は6.67%で算出)

 現物の場合信用の場合差額
1か月後
320,001円320,001円0円
2カ月後320,002円341,335円1,333円
3カ月後320,003円364,092円4,089円
4カ月後320,004円388,366円8,362円
5カ月後320,005円414,259円14,254円
6か月後
320,006円441,877円21,871円
7か月後320,007円471,337円31,330円
8か月後320,008円502,761円42,753円
9か月後320,009円536,280円56,271円
10か月後320,010円572,034円72,024円

株取引を始めるときの注意点とは?

株取引で重要なのはリスク管理だ。せっかくお金を貯めて株取引を始めても、損失が続いて投資資金を失くしてしまったら、資金を増やすチャンスすらなくなってしまう。

トレードの勝った負けたで一喜一憂するのではなく、ロスカットの許容金額を固定するなどリスク管理を徹底し、資金を失くさない努力をしなければならない。

たとえ損を出しても、資金さえなくならなければ資金を増やすチャンスはいくらでもあるのだ。

初心者が株取引を始める前にすべき事とは…

「株取引を始めたい」と思っても、誰でもすぐに株が買えるわけではなく、取引を開始するまでにやっておかなければならないことがある。

初心者が株取引を始めるまでのフローは以下の通りだ。

証券会社を選ぶ

野村證券や大和証券などの総合証券で口座を開設する場合は、支店や営業所まで行って申し込みしなければならない場合も多いが、ネット証券であればオンラインで口座開設の手続きが完了する。

手数料の安さなども考慮し、ぜひネット証券で口座開設することをおすすめする。

銘柄を選ぶ

口座開設が完了したら、次は銘柄選びだ。時価総額の大きい大型株や値嵩株は避け、効率的に資金が使える中・小型株を選ぼう

中・小型株の中にも、好業績銘柄や高利回り銘柄がゴロゴロある。時間をかけて分析し、魅力的な銘柄を見つけよう。

取引を開始する

銘柄が決まれば、いよいよ取引開始だ。株の買い方には、価格と株数を指定して注文する「指値」と、株価を指定せず株数のみ指定して注文する「成行」がある。状況によって「指値」と「成行」をうまく使い分けたい。

また指値注文と組み合わせて、「寄指(よりさし)」「引指(ひけさし)」「不成(ふなり)」などの執行条件をつけて注文することもできる。

間違えないように、発注する前に発注方法を確認しておこう。

取引手数料にこだわる

取引回数が増えれば増えるほど、それに比例して取引手数料も増えるため、手数料の安さにはこだわりたい。

主要ネット証券の売買手数料は以下の通りだ。

 ~10万円~20万円~50万円~100万円
GMOクリック証券105円
230円
105円
230円
260円
430円
470円
860円
SBI証券150円
103円
199円
206円
293円
463円
525円
822円
カブドットコム証券194円
291円
583円
1069円
マネックス証券108円
2700円
194円
2700円
486円
2700円
1080円
2700円
ライブスター証券86円
432円
104円
432円
194円
432円
367円
648円
内藤証券180円
195円
411円
442円
411円
442円
740円
813円
岡三オンライン証券106円
106円
216円
216円
378円
540円
648円
864円
松井証券
0円

324円

540円
(30万円まで324円)

1080
楽天証券150円
463円
199円
463円
368円
463円
657円
926円
野村ネット&コール515円
2571円
515円
2571円
515円
2571円
1029円
2571円
SMBC日興証券125円180円400円800円

証券会社を選ぶ際には、手数料の安さだけでなく「トレードツールの使いやすさ」や「サポート体制の充実度」も重要なポイントだ。

こうした項目を総合的に判断すると、初心者はSBI証券・楽天証券・GMOクリック証券で口座を開設するのがよいだろう。

証券口座を開設しよう。

ネット証券で口座開設する手順はいたって簡単だ。総合証券で口座を開設する場合は、支店・営業所まで行って申し込みしなければならない場合も多いが、ネット証券であればオンラインで口座開設の申し込みができる。
こちらの記事(ネット証券会社の選び方ランキング)に詳しく書いているので、こちらを参照してほしい。

口座を開設するネット証券のホームページから口座開設申し込みの手続きを行うと、数日後に証券会社から口座開設に必要な書類が届き、必要事項を記入後、運転免許証などの本人確認書類のコピーを同封し証券会社に返送すれば、ログインID・パスワードなど取引に必要な情報が証券会社から送られてくる。

なお、SBI証券や楽天証券などの大手ネット証券では、口座開設の手続きがすべてオンラインで完了する会社もある。郵送で申し込む場合は、口座開設まで大体1週間~2週間程度かかるが、オンラインで申し込む場合は最短で4日程度で口座開設が完了する。

口座開設が完了したら、その口座に株を購入するための投資資金を入金する。入金方法は金融機関の振込と全く同じで、銀行や郵便局から自分の口座に振込めばよい。

ネット証券の中には、インターネットバンキングに口座を持っていればパソコンやスマートフォンから振込ができ、即時に入金処理が完了する「リアルタイム入金サービス」に対応しているところも多い。
こちらの記事(株初心者におすすめ 証券口座開設のまとめ)に詳しく書いているので、こちらを参照してほしい。

あっという間に入金が完了し、すぐに取引が開始できる大変優れたサービスであり、ぜひ証券口座と合わせてインターネットバンキングの口座も開設しておきたい。

 

そして最後に、今後株式投資を行っていくにあたり、初心者が陥りがちな失敗を紹介しようと思う。

 

 

初心者の陥る失敗

 

NISA初心者がよく勘違いすることだが、120万円の非課税枠は使いきりである。

例えば、50万円分なにかの銘柄を購入したとする。この時非課税枠の残りは70万円だ。

その後、その銘柄が値上がりし売却したとする。

売却したのだから70万円になっていた非課税枠が120万円に戻るのではないかと思う人もいるだろう。

しかし、先に書いた通り非課税枠は使いきりだ。

その年の間に使える非課税枠は70万円のまま、回復することはないのだ。

 

この事をしっかりと理解しておかないと、購入して少し値が上がったから売却するということを繰り返し、あっという間に120万円の非課税枠を使い切って

しまうことになる。

 

また、このNISA非課税枠は1年間に120万円まで使える枠があるという考え方だ。

1年目に30万円分の非課税枠が余ったとしても、それが次の年度に繰り越され150万円になることはないので注意が必要だ。

 

効率的に運用したいのなら、1年ごとに120万円分の株を買い枠をしっかりと使い切ることだ。

加えて最低でも1年は保有する気持ちで、長期で運用するのに適した銘柄や金融商品を選ぶことが賢明だ。

 

 

次いで気をつけなければならないのが期間だ。

NISA口座の非課税枠は無期限に有効ではない。

非課税で運用ができるのは、運用を始めた年から5年間だ。

例えば2015年の内に買ったものに関しては、2019年12月末までが非課税で運用できるリミットになるのだ。

 

では、その非課税期間を過ぎた場合はどうすれば良いのか。

主に3つの方法がある。

 

・NISAで買った株を売却する

・NISAではない口座に移す

・翌年からの非課税枠に移す

 

この中で上の2つは問題ないだろう。

一番下の翌年からの非課税枠に移すとはどういうことだろうか。

 

NISAの非課税枠は毎年120万円を上限として新たに追加される。

追加されると言っても、5年が過ぎたものは非課税でなくなるので、新たにどんどんと非課税枠が追加されるわけではない。

心太方式(ロケット鉛筆)のような仕組みだと思えば理解できるだろう。

 

ただし、あくまでも非課税枠は120万円が上限だ。

銘柄が幸いにも値上がりし、170万円になっていた場合、移し替えることができるのは120万円まで。

残りの50万円分は一般口座(特定口座)に移すか、売却する必要がある。

当然この際の売却益には20%の税金が課税される。

 

また、5年の期限が来たにも関わらずなんの手続きも行わなければ、問答無用でNISA口座以外に移されてしまうので注意が必要だ。

 

ちなみに、この移し替えを「ロールオーバー」と呼ぶ。

 

調べずに適当な株を買う

 

これは何もNISAを利用するかしないかに限った話ではない。

株を買うと言う行為は、お金をやり取りするのと全くの同義だ。

投機ではなく、あくまで投資であると言い張ったところで、未来に何が待ち受けているかは誰にも分からない。

つまり、常に誰にも予想のできない結果が現れる可能性がある時点で、株を始めとする金融商品は元本が保証されていない限りは「博打」だ。

元本保証に関しても、100%全額が保証されていない場合も多い。

 

株は上がるか下がるかの二者択一だ。

イカサマがない限りは勝つも負けるも確率は50%、まさに丁半博打だ。

調べずに適当に株を買うということは、この50%を自ら下げる行為であり、まさに愚行と言えるのだ。

 

ただし、調べれば勝率が上がるとも限らない。

下手な考え休むに似たりとはよく言ったもので、勝てない人ほど必要以上に入念に銘柄を調べ、様々な指標と照らし合わせ、なんだかんだ結局間違った決断を下すことも多い。

さらにはこの場合、自分がこれだけ力をかけて、時間を割いた銘柄なのだからいつかは自分が思い描いた方向に株価が進み、利益をもたらすはずだ。という誤った認識が生まれる。心理学で言うところのサンクコスト(コンコルド効果)と呼ばれるものだ。

こうなると、いつまでもロスカットが行えず結局塩漬け株をつくるハメになる。

 

調べる中で、どの指標を自分の羅針盤として使うのかを経験から導き出し、愚直に勝てる行動だけを繰り返すことが必要だ。

 

国内情勢に目を向けない

 

当然の話だが、株は企業の業績に大きく左右される。

さらには、ITなどを始めとした新技術のベンチャー企業などでない場合は、大手の企業の動向に連れ立って下請けなどの企業の株価が動くのは基本中の基本だ。

大手企業は政界と密接に関係している。

有利な法案が通りそう、通るのであればその関連企業の株価は見る見る上昇する。

逆もまた然りで、不利な法案や規制が掛かるとなれば見る見る下がっていく。

大型の株を運用したいのであれば国内情勢、とりわけ政治には気を配る必要があるのだ。

 

それだけではない。

国内情勢とは、気候や年中行事なども含まれる。

例えば、その年の夏の猛暑が予想されたとする。するとアイスクリーム会社の銘柄がじわりと上げてくる。

ハロウィンが流行ったから、コスプレ関係、衣類関係が上がるなど。

 

国内情勢とは「自分の銘柄に関係する、国内で起こる全ての事象」のことだと思っておけば間違いない。

 

海外情勢に目を向けない

 

国内情勢もそうだが、それよりも大事なのは海外情勢だ。

記憶に新しいところで言えば上海市場の急激な下落。

次に思い浮かぶのはリーマンショックといったところか。

これらはどちらも日本国内の問題ではない。

しかしこの2つ、とりわけリーマンショックはその後何年にも渡り影響を及ぼした。

 

このように日本国内に特に問題がなかったとしても、海外市場や海外情勢の余波でとてつもないダメージを受けることは往々にしてあるのだ。

注意すべきは以下が代表だろう。

 

・アメリカの景気(雇用統計など)

・中国の景気

・EUの景気

・中東諸国の紛争やテロ

・北朝鮮情勢

 

戦争などが起これば市場は混乱し、株価はジェットコースターになる。

どちらが大事とは言えないが、今株価に影響を与えやすいのは国内情勢よりも海外情勢だ。

現状ではこの程度は常に気にかけておくべきだ。

 

 

勉強を怠る

 

株だけに限らず、勝負事は勝ち方を覚えてしまえばそれを繰り返すだけだ。

勝てる間は機械となって感情を消し、勝てる行動を行い続けるだけで良い。

 

が、いつどのように状況が一変するか分からない。

今は勝てているからと、先述の国内情勢や海外情勢に目を向けることを怠り、油断していると一瞬で足元を救われる。

 

株の勉強だからと様々な投資手法を勉強して、試してみる人もいるがこれは愚行だ。

いくらオートトレードが主流になっている現状であっても、そのプログラムのアルゴリズムを作っているのは人間だ。

 

勝負事、こと相手が人間であるならば勉強すべきはその心理、思考だ。

証券会社に勤め始めて、最初に覚えることは「感情を捨てる」ことだ。

 

自身のことも含め、心理・思考を勉強し続けることで感情を捨てることができるようになって初めて、冷静かつクレバーな運用が可能になるのだ。

 

必ず余裕資金で行う

 

何よりも一番大事なのは「余裕資金」で行うことだ。株のトレーダーなどそれを職業にしている人も、当然生活費をかけて運用などしていない。

 

なくなっても一切問題ないお金。

それ以外を使ってのトレードや運用はただの自殺行為でしかないのだ。

実際にやってみれば分かるが、ほんの数秒で何万、何十万、それ以上という金が動く世界だ。

余剰資金で行っていても、通常の精神で冷静な対処をできるようになるにはかなりの訓練を必要とする。

多くの人はここが出来ないで負け続ける。

それほどに難しいメンタルのコントロールを必要な金、生活費などで行えば結果は火を見るよりも明らかだ。

生活費を失い、今月の支払いがピンチになった程度で済めばまだ良いが、負けを取り返そうと借金までしてしまう人も少なくない。

 

買いは家まで売りは命まで

 

という格言がある。これは信用取引のことを指しているが、信用取引でなくとも下手をすれば命まで取られる可能性はある。

きちんと資金管理をすればなんの問題もないが、資金管理というのも出来ない人には一生できないことだ。

 

最初の内は可能ならば2~3人で本当に余剰資金だけで運用しているかを監視しあいながらやってみるのも良いだろう。

 

また、デモトレードなどはしない方が良い。

所詮本当に自分の金をかけているわけではないので、意外と冷静な判断が下せて、利益を上げることが出来るかもしれない。

しかし、先述の通り自身の金がかかっているとなれば話はそう簡単ではなくなる。

 

デモトレードで上手く出来たから大丈夫。

 

などという安易な考えは、身の破滅を呼び込むことになるので注意が必要だ。

 

 

まとめ

少額で取引する場合、たった一度の大きな損失が命取りとなってしまうこともあり、通常の株式投資よりも一段と厳しい資金管理が求められる。

株式投資で利益を上げることも大切だが、それ以上に大切なのは大きな損失を出して株式相場から退場とならないように、厳格なルールに基づいて資金を管理することだ。

キチンと資金管理ができれば、「信用取引は怖い」などと必要以上に恐れることはない。ぜひこの機会に信用取引を開始し、少額資金で効率的にガンガン儲けてほしい。


無料動画:具体的な手法を無料オンライン講座で詳しく紹介

この無料オンライン講座に参加いただくと、現役トレーダー下山敬三氏が編み出したトレード手法「波乗り投資法」を詳しく学ぶ事ができます。
下山敬三氏は、世間で言われている投資ロジックとは真逆の、「ロスカットはしない」「取引銘柄は1銘柄のみ」の取引で、7年間勝ち続けています。

また、勝ち続けている証拠として、日々ブログな中で取引口座を公開している、正真正銘の勝てる現役トレーダーなのです。そんな下山敬三氏の取引手法「波乗り投資法」をこの無料オンライン講座で詳しく学べます。


具体的にどんな事が学べるか?というと

・ロスカットしない投資手法で、本当に勝てるの?
・なぜ、一銘柄で取引するのか?本当の理由とは?
・波乗り投資法に適した銘柄は?おすすめ銘柄プレゼント!
・含み損をプラスに変える具体的なテクニック公開!
・私、下山敬三の実取引を公開しての徹底解説


■無料オンライン講座
第1回:1日5分 ロスカット不要の非常識な投資術
第2回:株で勝ち続けるための銘柄の選び方の秘密
第3回:含み損をプラスに変える極秘ロジック
第4回:下山敬三の実取引を徹底解説!トレード実況中継
第5回:成功者の体験談とマル秘話を大暴露

image01

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事

ロスカットする前に見て欲しい

ピックアップ記事

  1. スライド1

    2017.08.18 | 株/初心者/おすすめ, 株の始め方/株入門

    株を始めるのに必要なこと
    講師…
  2. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株取引

    株をやりたいあなたが、開設すべき口座7選
  3. スライド1

    2017.08.18 | 株分析, 株取引, 株用語, 株購入

    今話題のフィンテック関連銘柄を追え!
    昨今テレビのニュースを騒がせている、「フィンテック」…
  4. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株分析, 株購入

    投資の種類別おすすめ・手法と関連銘柄
    株式投資だけでなくをこれから始め…
  5. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株分析, 株取引

    スキャルピング手法のコツを掴んで株で勝つ方法
    はじめまして株アカデミーの小野寺です。デイト…
  6. スライド1

    2017.08.18 | ネット証券, 株の始め方/株入門, 株購入

    ネット証券比較ランキング2017、おすすめはどこの証券会社?
    早速株を、初めて行きたいということネット証券は一体の…
  7. スライド1

    2017.08.18 | 株/初心者/おすすめ, 株購入

    【必見】トヨタの株価は、今後どうなる?徹底予想!
    こんにちは!株を始めれる方でも特…
  8. スライド39

    2017.07.21 | ニュース, 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株購入

    【借金地獄】株で借金をした人たちの体験談
    株を始める目的は、「お金を増やす…
  9. スライド35

    2017.07.21 | 株の始め方/株入門, 株購入

    デイトレードの資金にはいくら必要ノウハウのまとめ
    デイトレードを始めるにはどれくらいの資金が必要なので…
  10. スライド31

    2017.07.21 | 株分析, 株購入

    ビットコイン銘柄仮想通貨銘柄
    こんにちは株アカデミーの小野寺で…