株を効率的に勉強する方法

 

スライド1

はじめに

株式投資を始めたいが、どのように勉強したらわからない、どこまで理解したら良いのかがわからず不安を抱えている方も多いだろう。

 

しかし、知識のないまま株式投資を行なってしまうと予想もつかない大損をしてしまう可能性がある。それでは株式投資の意味がない。初めて株式投資を行うにあたって、それなりの知識をつけておく方が賢明だろう。

 

本記事では、株式投資を行うにあたって最低限知っておくべきこと、勉強すべきポイント、勉強の仕方などについて述べていく。

 

1章:株を勉強する意味

スライド2

利益に直結する勉強

 

株式投資において利益を上げるために勉強をしていくことに着目していく。

 

まず、「キャピタルゲイン」についてだ。キャピタルゲインとは、株式の売買の差額で利益を得ることである。具体的には、株価が安いときに買って、株価が高いときにうる。その売買の差額が利益となるという仕組みだ。

 

次に、「インカムゲイン」について触れておく。インカムゲインとは、株を保有することによって得られる配当金や株主優待のことをさす。

「配当金」とは、企業が業務で得た利益の一部を株主に還元するというものだ。

保有する株数に応じて、利益の一部を「配当金」としていただくことができる。

また、「株主優待」とは、株式を保有している企業から商品券や割引券などを送ってもらえるシステムだ。

 

この2つのシステムはトレーダーには縁の遠い話かもしれないが、堅実に利益を上げる方法として頭に入れておいた方が良いだろう。

 

資産管理の勉強

 

次に株式投資において必要になってくるのは、資産管理周りの知識についてだ。

株式投資を始めるにあたり、初期投資金額はいくらがいいのか、どういう基準で銘柄を選べば良いのか、よくわかっていない方も多いのではないだろうか。

 

しかし、株式投資において資産管理の知識は相当重要になってくる。

まず、1回のトレードで出していい損失(許容リスク)を小さく設定し、コントロールすることから始めてみよう。

この1回の許容リスクは、2%前後に抑えるのが良いと言われている。例えば、運用資金が100万円の場合、許容リスクは6000円になる。

要は、その6000円以上の損失とならないよう配慮すべきということだ。

 

運用スタイルが長期なのか短期なのかでも違うので一概には言えないが、株で失敗する人の多くは、銘柄を選ぶときに許容リスクは考えていない。

 

なぜ、このように2%以下に抑えることが重要なのかというと、1トレードにおける損失量をあらかじめ決めることでリスクをコントロールできるからだ。何年もトレードをしていると、5回以上連続で負けてしまうことはよくあることだ。

 

もし、負けが1〜5回と連続で続いたとしても、合計ドローダウン率は10%以下に抑えることができるので株で失敗する確率が段違いに減る。

 

 

このように、自身の資金管理の徹底については一度勉強する価値はあるだろう。

 

負けないための勉強

 

株を勉強する意味としては、とにかく「負けを減らしていく」ためのものと捉えて良い。

株式投資において、重要なのは「勝つ」こと以上に「負けない」ことだ。

もっと具体的に言うと、「負けを最小限に抑える」ことが重要になってくる。

 

「負けを最小限に抑える」とは、いわゆるロスカットだ。ロスカットとは、一定割合以上の損失で自動的に行われる強制決済のことを指す。

これで、元手以上の損失を追う羽目にはならない。

 

しかし、「強制ロスカットで、自分が追う可能性のある最大損失額は決まっているから安心だ」と考えてはいけない。

強制ロスカットの心配をしないといけないような水準でトレードをしているとしたら、たとえ今はうまくいっていたとしても、近いうちに必ず破滅することになる。

 

また、ロスカットラインは業者によっても異なる。

自分の資産やスタイルに合わせて業者を選ぶことが重要になってくるというわけだ。

 

株式投資を始めるにあたって、ロスカットについての知識はつけておいた方がいいだろう。

 

2章:株の効率的な勉強方法

スライド3

メリット、デメリット

 

「株式投資」と聞くと、とても難解なもので、特殊な知識を持った一部の専門家のみの世界なのではないかと錯覚してしまうが、そうではない。

株式投資の仕組みについて正しい理解があれば、皆様も株式投資を始められるはずだ。

 

まずは、株式投資のメリット・デメリットを理解しよう。

株式投資のメリットは、値上がり益や配当金がもらえるなどといった、お金を増やすことにある。お金を増やす必要はなく、減らさないことだけを考えれば、銀行に預金すれば良いだけのことだ。

 

ただし、メリットがあれば、当然デメリットもある。投資した株式の価格は、毎日変動する。買ってすぐに期待通り大きく株価が上昇した場合は、売却することで大きな利益を得ることができるが、その逆のケースも当然ありうる。

 

また、思いの外投資した企業の業績が悪化した場合には、株価の下落だけでなく、配当金も減らされる、あるいはなくなるということも起こりうる。

 

このように、株式投資とは不確実性(リスク)が高い投資だが、銘柄を分散して投資する、一時期に集中して投資せずにタイミングをずらして投資する、初心者のうちは信用取引はなるべくやらない、などの点に気をつければ、大損してしまうリスクはある程度軽減することが可能だ。

 

まずは、こういった株式投資のメリット・デメリットの存在とその性質を頭に入れておこう。そうすることで効率よく勉強できるかと思う。

 

チャートの見方

銀行の定期預金の場合は、お金を預けた後は定期的に利息(少額だが)を得られるだけなので、特に何もする必要がない。

一方、株式投資の場合は、買った時に比べて下がっている場合もあれば、上昇していることもある。日々の動きに一喜一憂して売買をしてしまうと、“安い時に売って、高い時に買う”という、最もやってはいけないことをやってしまう可能性があるだろう。

このようなことを避けるために、つまり、「変動することが当たり前」であることを素直に受け入れられるようになるために、勉強すべき基本ポイントを以下に述べてみる。

 

まずは、株価チャートの見方について勉強してみよう。

株価チャート」とは、簡単に言えば株価のグラフのことを指す。株価は日々上下するが、ある程度の期間を遡ってみると、「トレンド」(上向きなのか、下向きなのか、横ばいなのか)や「現在の位置」(天井園か、低値圏か、中間か)が理解できる。このため、株を買うときは株価チャートの確認は必ず必要になってくる。

ただし、チャートはあくまでも「過去の歴史」に過ぎないことに留意する必要もある。過去は必ずしも将来を映し出す鏡にはならないからだ。このため、「チャートが読めれば、必ず儲かる」という考えは間違いだ。

とはいえ、繰り返しになるが、「トレンド」や「現在の位置」を知るために、ある程度チャートを理解する必要がある。

株の初心者の方は、ぜひ早期に勉強しておこう。

 

 

株価指標について

 

株式投資を行うにあたって、最低限知っておかなくてはならない株価指標についても触れておこう。

 

株式投資を行うにあたり最低限知っておかなくてはならない株価指標は、

 

  • PER

1株あたりの利益に対し、株価が何倍まで買われているかを表した株価収益率のこと。この倍率の高低でその会社の投資価値を判断する。

 

  • PBR

株価が1株あたり純資産の何倍まで買われているか、すなわち①株あたり純資産の何倍の値段がつけられているかをみる投資尺度のこと。PBRの数値は、低い方が割安と判断される。

 

・ROE

株主が投資した金額で、企業がどのくらい利益を上げているのかがわかる指標、すなわち「株主資本利益率」のこと。ROEが高い銘柄ほど、効率的に株主資本を活用できていると言える。

 

 

の3つだ。理由は、株式市場の主要参加者(機関投資家、個人投資家、外国人投資家など)の多くが、この3つの指標を常に意識しているからである。

 

株式投資の鉄則は「安く買って、高く売る」だが、「安い」「高い」は「将来の業績」に対してなので、ある人にとっては割安に見える株価指標が、ある人にとっては割高に見えることもある。

 

株価は、より多くの人が「高い」と感じられたら売られ、「安い」と感じられたら下げ止まり、あるいは買われる。このため、この割安・割高の判断基準として、PER、PBR、ROEの3つについては、最低でもその定義だけは覚えておいた方がいいだろう。

PBRが分かると株の何が分かるようになる?

 

まとめ

スライド4

以上のように、株の知識があるかないかでその結果が大きく変わる。そうした中で、株式投資を始める前に株の知識をつける必要性はいうまでもないだろう。

 

また、株式投資をこれから始めようと思うが、どこから手をつけていいかわからないという方は、前項で述べたような、最低限知らなければならない知識を最初に身につけておいた方が効率が良い。

 

そういった最低限の知識を身につけていくうちに、株の知識がどんどん増えているはずだ。

 

【完全保存版】株で思ったように利益が出せない人が確認すべき事


無料動画:具体的な手法を無料オンライン講座で詳しく紹介

この無料オンライン講座に参加いただくと、現役トレーダー下山敬三氏が編み出したトレード手法「波乗り投資法」を詳しく学ぶ事ができます。
下山敬三氏は、世間で言われている投資ロジックとは真逆の、「ロスカットはしない」「取引銘柄は1銘柄のみ」の取引で、7年間勝ち続けています。

また、勝ち続けている証拠として、日々ブログな中で取引口座を公開している、正真正銘の勝てる現役トレーダーなのです。そんな下山敬三氏の取引手法「波乗り投資法」をこの無料オンライン講座で詳しく学べます。


具体的にどんな事が学べるか?というと

・ロスカットしない投資手法で、本当に勝てるの?
・なぜ、一銘柄で取引するのか?本当の理由とは?
・波乗り投資法に適した銘柄は?おすすめ銘柄プレゼント!
・含み損をプラスに変える具体的なテクニック公開!
・私、下山敬三の実取引を公開しての徹底解説


■無料オンライン講座
第1回:1日5分 ロスカット不要の非常識な投資術
第2回:株で勝ち続けるための銘柄の選び方の秘密
第3回:含み損をプラスに変える極秘ロジック
第4回:下山敬三の実取引を徹底解説!トレード実況中継
第5回:成功者の体験談とマル秘話を大暴露

image01

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事

ロスカットする前に見て欲しい

ピックアップ記事

  1. スライド1

    2017.08.18 | 株/初心者/おすすめ, 株の始め方/株入門

    株を始めるのに必要なこと
    講師…
  2. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株取引

    株をやりたいあなたが、開設すべき口座7選
  3. スライド1

    2017.08.18 | 株分析, 株取引, 株用語, 株購入

    今話題のフィンテック関連銘柄を追え!
    昨今テレビのニュースを騒がせている、「フィンテック」…
  4. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株分析, 株購入

    投資の種類別おすすめ・手法と関連銘柄
    株式投資だけでなくをこれから始め…
  5. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株分析, 株取引

    スキャルピング手法のコツを掴んで株で勝つ方法
    はじめまして株アカデミーの小野寺です。デイト…
  6. スライド1

    2017.08.18 | ネット証券, 株の始め方/株入門, 株購入

    ネット証券比較ランキング2017、おすすめはどこの証券会社?
    早速株を、初めて行きたいということネット証券は一体の…
  7. スライド1

    2017.08.18 | 株/初心者/おすすめ, 株購入

    【必見】トヨタの株価は、今後どうなる?徹底予想!
    こんにちは!株を始めれる方でも特…
  8. スライド39

    2017.07.21 | ニュース, 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株購入

    【借金地獄】株で借金をした人たちの体験談
    株を始める目的は、「お金を増やす…
  9. スライド35

    2017.07.21 | 株の始め方/株入門, 株購入

    デイトレードの資金にはいくら必要ノウハウのまとめ
    デイトレードを始めるにはどれくらいの資金が必要なので…
  10. スライド31

    2017.07.21 | 株分析, 株購入

    ビットコイン銘柄仮想通貨銘柄
    こんにちは株アカデミーの小野寺で…