株の初心者が少額資金30万で失敗せずに、100万円稼ぐ投資法!

株初心者は、30万の資金があれば毎月数万円の儲けが出せると考えているのではないだろうか。いったい30万円の資金を準備していくらの儲けになるのだろうか。株初心者に向けて簡単に解説していこう。

30

株初心者が少額投資で稼ぐことのできる資金量の目安は?

株式投資は、投資資金が多ければ多いほど有利だが、初心者がいきなり大金を投資して勝ち続けられるほど株式投資は甘くない。初心者が大金を投じて、ただやみくもにトレードを繰り返しても、あっという間に短期で資産を失ってしまうだろう。

しかし逆に、投資資金があまりに少額過ぎると、購入できる銘柄が限定されてしまい、たった一度の損失で資金が底をついてしまう可能性がある。

スタートの目安としては30万円ぐらいの投資資金を用意し、慣れてきたら徐々に資金を増やしていくのが良いだろう。

どんな取引を行うの?

株の取引方法には、自分の資金と株式で取引する「現物取引」と、証券会社から資金と株式を借りて、自分の手持ちの資金以上の金額で取引できる「信用取引」があるが、少ない投資金額で効率的に利益を上げるために、「信用取引」を利用することをおすすめする。

「信用取引はリスクが高い」「大きな損失を出して借金を作ってしまいそう」といった理由で、信用取引に拒否反応を示す個人投資家も多いが、ルールを守って正しく利用すれば、信用取引は効率的に資金を増やすための大きな武器となる。

また投資の対象となる取引には、現物・信用だけでなく日経平均先物、そして株式投資以外にも為替証拠金取引(FX)などがあるが、少額の資金で効率よく利益を上げるためにはどの商品に投資すればよいだろうか?

各商品の特徴をまとめた一覧で比較してみよう。

商品証拠金レバレッジ最低取引単価
現物取引なしなし1~1000株
信用取引30万円約3倍1~1000株
日経225先物780000円 ※1約20倍1000倍
日経225ミニ先物78000円 ※1約20倍100倍
為替証拠金取引取引金額の4%相当約25倍 ※21000~10000通貨

※1:SBI証券・楽天証券・カブドットコム証券など大手ネット証券の証拠金
※2:法人口座であれば100倍、また海外では500倍のレバレッジが使える業者もある

現物取引は、レバレッジを使わないため手持ち資金以上に損をすることはないが、元手が少なくても利益を上げるためには「安く買って高く売る」しかなく、軟調な相場では利益を上げることは難しい。

また、日経平均先物はレバレッジを使えるが、証拠金が780,000円と高額で、少額投資を目指す個人投資家には手が出しにくいため、まずは信用取引からスタートし、慣れてきたところで日経225ミニ先物や為替証拠金取引に取引を拡大していくのがよいだろう。

信用取引30万円の資金で毎月2万稼ぐ方法!

一か月のうち取引が可能な日を20日営業日とすると、月2万円の利益目標を達成するためには1日1,000円稼げばいい計算になる。(手数料は考慮しない)

こう考えると、月2万円の利益目標なんて楽勝だと思えるが、毎日コンスタントに勝ち続けることは難しく、実際はそう簡単にはいかない。

毎月2万稼ぐ投資戦略としては、時価総額の小さい中・小型株を順張りで狙うのがよいだろう。

中・小型株は値動きが大きく、一日で10~20%動くこともザラで、少額投資家でも利益を狙うチャンスが多いが、時価総額の大きい大型株や値嵩株の場合、資金の大半を拘束されてしまうため、他の銘柄で利益を狙うチャンスを逃してしまうことにもなりかねない。

また、大きく下落した銘柄のリバウンドを逆張りで狙う手法は、株価の底を予想しなければならず初心者には難しい。逆張りを狙うより、出来高が急増するなど上昇の初動が見られる銘柄を順張りし、トレンドに乗って取引した方がはるかに稼ぎやすい。

信用取引のメリットは、投資効率の高さだ。例えば、1,000円の株を1,000株購入する場合、現物取引では現金100万円が必要だが、信用取引なら委託保証金30万円で取引できる。この株が1,100円に値上がりした場合、投下資金ベースで考えると現物取引では10%、信用取引なら33%以上の利益率になる。

30万円の投資資金でスタートし、毎月2万円の利益を上げると仮定した場合、現物取引と信用取引では以下のように差が出てくる。信用取引がいかに効率の良い取引であるか一目でわかるはずだ。

30万円で月2万円ずつ稼ぐと仮定した場合のシミュレーション(利率は6.67%で算出)

 現物の場合信用の場合差額
1か月後
320,001円320,001円0円
2カ月後320,002円341,335円1,333円
3カ月後320,003円364,092円4,089円
4カ月後320,004円388,366円8,362円
5カ月後320,005円414,259円14,254円
6か月後
320,006円441,877円21,871円
7か月後320,007円471,337円31,330円
8か月後320,008円502,761円42,753円
9か月後320,009円536,280円56,271円
10か月後320,010円572,034円72,024円

株取引を始めるときの注意点とは?

株取引で重要なのはリスク管理だ。せっかくお金を貯めて株取引を始めても、損失が続いて投資資金を失くしてしまったら、資金を増やすチャンスすらなくなってしまう。

トレードの勝った負けたで一喜一憂するのではなく、ロスカットの許容金額を固定するなどリスク管理を徹底し、資金を失くさない努力をしなければならない。

たとえ損を出しても、資金さえなくならなければ資金を増やすチャンスはいくらでもあるのだ。

初心者が株取引を始める前にすべき事とは…

「株取引を始めたい」と思っても、誰でもすぐに株が買えるわけではなく、取引を開始するまでにやっておかなければならないことがある。

初心者が株取引を始めるまでのフローは以下の通りだ。

証券会社を選ぶ

野村證券や大和証券などの総合証券で口座を開設する場合は、支店や営業所まで行って申し込みしなければならない場合も多いが、ネット証券であればオンラインで口座開設の手続きが完了する。

手数料の安さなども考慮し、ぜひネット証券で口座開設することをおすすめする。

銘柄を選ぶ

口座開設が完了したら、次は銘柄選びだ。時価総額の大きい大型株や値嵩株は避け、効率的に資金が使える中・小型株を選ぼう

中・小型株の中にも、好業績銘柄や高利回り銘柄がゴロゴロある。時間をかけて分析し、魅力的な銘柄を見つけよう。

取引を開始する

銘柄が決まれば、いよいよ取引開始だ。株の買い方には、価格と株数を指定して注文する「指値」と、株価を指定せず株数のみ指定して注文する「成行」がある。状況によって「指値」と「成行」をうまく使い分けたい。

また指値注文と組み合わせて、「寄指(よりさし)」「引指(ひけさし)」「不成(ふなり)」などの執行条件をつけて注文することもできる。

間違えないように、発注する前に発注方法を確認しておこう。

取引手数料にこだわる

取引回数が増えれば増えるほど、それに比例して取引手数料も増えるため、手数料の安さにはこだわりたい。

主要ネット証券の売買手数料は以下の通りだ。

 ~10万円~20万円~50万円~100万円
GMOクリック証券105円
230円
105円
230円
260円
430円
470円
860円
SBI証券150円
103円
199円
206円
293円
463円
525円
822円
カブドットコム証券194円
291円
583円
1069円
マネックス証券108円
2700円
194円
2700円
486円
2700円
1080円
2700円
ライブスター証券86円
432円
104円
432円
194円
432円
367円
648円
内藤証券180円
195円
411円
442円
411円
442円
740円
813円
岡三オンライン証券106円
106円
216円
216円
378円
540円
648円
864円
松井証券
0円

324円

540円
(30万円まで324円)

1080
楽天証券150円
463円
199円
463円
368円
463円
657円
926円
野村ネット&コール515円
2571円
515円
2571円
515円
2571円
1029円
2571円
SMBC日興証券125円180円400円800円

証券会社を選ぶ際には、手数料の安さだけでなく「トレードツールの使いやすさ」や「サポート体制の充実度」も重要なポイントだ。

こうした項目を総合的に判断すると、初心者はSBI証券・楽天証券・GMOクリック証券で口座を開設するのがよいだろう。

証券口座を開設しよう。

ネット証券で口座開設する手順はいたって簡単だ。総合証券で口座を開設する場合は、支店・営業所まで行って申し込みしなければならない場合も多いが、ネット証券であればオンラインで口座開設の申し込みができる。
こちらの記事(ネット証券会社の選び方ランキング)に詳しく書いているので、こちらを参照してほしい。

口座を開設するネット証券のホームページから口座開設申し込みの手続きを行うと、数日後に証券会社から口座開設に必要な書類が届き、必要事項を記入後、運転免許証などの本人確認書類のコピーを同封し証券会社に返送すれば、ログインID・パスワードなど取引に必要な情報が証券会社から送られてくる。

なお、SBI証券や楽天証券などの大手ネット証券では、口座開設の手続きがすべてオンラインで完了する会社もある。郵送で申し込む場合は、口座開設まで大体1週間~2週間程度かかるが、オンラインで申し込む場合は最短で4日程度で口座開設が完了する。

口座開設が完了したら、その口座に株を購入するための投資資金を入金する。入金方法は金融機関の振込と全く同じで、銀行や郵便局から自分の口座に振込めばよい。

ネット証券の中には、インターネットバンキングに口座を持っていればパソコンやスマートフォンから振込ができ、即時に入金処理が完了する「リアルタイム入金サービス」に対応しているところも多い。
こちらの記事(株初心者におすすめ 証券口座開設のまとめ)に詳しく書いているので、こちらを参照してほしい。

あっという間に入金が完了し、すぐに取引が開始できる大変優れたサービスであり、ぜひ証券口座と合わせてインターネットバンキングの口座も開設しておきたい。

まとめ

少額で取引する場合、たった一度の大きな損失が命取りとなってしまうこともあり、通常の株式投資よりも一段と厳しい資金管理が求められる。

株式投資で利益を上げることも大切だが、それ以上に大切なのは大きな損失を出して株式相場から退場とならないように、厳格なルールに基づいて資金を管理することだ。

キチンと資金管理ができれば、「信用取引は怖い」などと必要以上に恐れることはない。ぜひこの機会に信用取引を開始し、少額資金で効率的にガンガン儲けてほしい。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


株スクールの口コミ・評判


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. スライド1

    2017.08.18 | 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株の始め方/株入門, 株の格言

    株を始めるのに必要なこと
    はじめまして…
  2. スライド1

    2017.08.18 | ネット証券, 株/初心者/おすすめ, 株の始め方/株入門, 株の買い方, 株取引

    株をやりたいあなたが、開設すべき口座7選
  3. スライド1

    2017.08.18 | テーマ株, ニュース, フィンテック関連銘柄, 仮想通貨ビットコイン関連銘柄, 株の勉強, 株分析, 株用語

    今話題のフィンテック関連銘柄を追え!
    昨今テレビのニュースを騒がせている、「フィンテック」…
  4. スライド1

    2017.08.18 | テクニカル分析/株チャート見方の基本, 投資信託, 株の勉強, 株の始め方/株入門, 株の買い方, 株取引, 株購入

    投資の種類別おすすめ・手法と関連銘柄
    株式投資だけでなくをこれから始め…
  5. スライド1

    2017.08.18 | テクニカル分析/株チャート見方の基本, 株の勉強, 株の始め方/株入門, 株の買い方, 株取引, 株購入

    スキャルピング手法のコツを掴んで株で勝つ方法
    はじめまして株アカデミーの小野寺です。デイト…
  6. スライド1

    2017.08.18 | ネット証券, 株/初心者/おすすめ, 株の始め方/株入門, 株購入

    ネット証券比較ランキング2017、おすすめはどこの証券会社?
    早速株を、初めて行きたいということネット証券は一体の…
  7. スライド1

    2017.08.18 | テーマ株, ニュース, 低位株, 優待株, 株/初心者/おすすめ, 株の買い方, 株購入, 自動運転車関連銘柄

    【必見】トヨタの株価は、今後どうなる?徹底予想!
    こんにちは!株を始めれる方でも特…
  8. スライド39

    2017.07.21 | ニュース, 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株の買い方, 株購入

    【借金地獄】株で借金をした人たちの体験談
    株を始める目的は、「お金を増やす…
  9. スライド35

    2017.07.21 | テクニカル分析/株チャート見方の基本, ニュース, 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株の始め方/株入門, 株の買い方, 株購入

    デイトレードの資金にはいくら必要ノウハウのまとめ
    デイトレードを始めるにはどれくらいの資金が必要なので…
  10. スライド31

    2017.07.21 | テーマ株, トレンド株, ニュース, フィンテック関連銘柄, 仮想通貨ビットコイン関連銘柄, 株/初心者/おすすめ, 株の買い方

    ビットコイン銘柄仮想通貨銘柄
    こんにちは株アカデミーの小野寺で…

ロスカットする前に見て欲しい