初めての株運用資金はいくら?低資金10万でも上手に運用する方法

株初心者は資金がどの位あれば始められるだろうかと疑問を持つだろう。最低「100万円」を持っていなければできない?いや、実は10万円あれば株はできるのだ。もしそんな低資金から始められるなら試してみたいと思わないだろうか。そんな低資金から始めようと思っている株初心者のあなたにはぜひ読んでほしい。

kabusikin

資金はいくら必要?

基本的に、株を買う場合は、上場企業の銘柄しか買うことができない。それぞれの企業のことを株の世界では、「銘柄」と読んでいる。まずは、どの銘柄を買うのかを決める必要がある。

銘柄によって最低限必要な金額が決まってくる。最低100万円以上じゃなければ買えない銘柄もあれば、1万円ぐらいから買える銘柄も存在する。

このぐらい銘柄によって大きな幅があるということをまずは覚えておいてほしい。

結局、株初心者は資金がいくら必要なのか?という疑問だが、

10万円の資金

があれば取引が出来るのだ。

なぜ10万円の低資金で株取引が出来るのか、これからお伝えしていこう。

資金は10万円用意しよう

まず最初に10万円の資金があれば株は出来るのだが、10万円でできる株取引の話をしていく。

実は、ただ株を買うというだけであれば、取引手数料は考えずに、
”2万円あれば買える”
しかし、これは、ただ買えるだけの金額だ。

多くの人は、月に5万円でも株から利益を得たいと思っていると思う。
その場合は、2万円の資金では、とてもじゃないが、5万円の利益は難しい。なぜなら、

100円の株価を100株買って、1万円支払ったとしよう。

100円が30円上がって130円になっても3000円の儲けだ。

株は、利益を出し続けるのは難しいので、当然マイナスの時もある。
そうなると、差し引きしても5万円までは程遠い。こんなこと素人の大学生でもわかるだろう。

では、それなりに、
利益を出して月のお小遣いを出せるであろう最低ラインの少額投資資金はいくらなのだろうか?
これに答えはないが、私の最低ラインとしては、最低

10万円の資金

はどうしても必要だ。ただ、10万でも買える銘柄がかなり限られるので、制限は多い。
あくまでも低資金取引が出来るラインである。

一般のイメージでは、100万円以上資金がないと株なんてできないとか、
株はお金持ちがやる事だとか、借金を抱えるから危ないというような事を思っているだろう。
私も株なんてお金持ちの遊びだろうな、
初心者が気軽に手を出して借金をしたら取り返しがつかないから危険だというくらいにしか最初は思ってなかった。
でも、実際にはそんなことはなかった。

例えば、1株1000円という銘柄があったとしよう。
よくある間違いが、1000円出せば1株買えるのだと思っている人がいる。
しかし、実際は、1000円で株を買うことはできない。
(例外もあるのでそれは後述する)
株には単元というものがあるからだ。

少額で取引が出来る株の選び方

株というのはその銘柄ごとに「単元株数」というのが決まっている。
これは、最低限買わなくてはいけない株数のことである。
ほとんどの銘柄「100」に設定されているので、もし1000円の株であれば、最低10万円がなければ買うことができない。

「単元株数」を「売買単位」などという場合もある。
この言葉は株をこれから購入したいのであれば、しっかり覚えておこう。

各証券会社の銘柄のページに行けば、これが必ず書かれているので、
最低いくら証券口座に資金が必要なのかという情報がすぐにわかる。

まれに、最低売買単位が、「売買単位10」「売買単位1」などの銘柄もある。
なかには、「売買単位1000」などの銘柄もある。ともかく銘柄によって全く違うので必ずチェックしよう。SEO

低資金で上手に運用する方法

おすすめの証券会社はネット証券

株式投資を始めるためには、まず証券会社に証券口座を開設しなければならない。
証券会社には、野村證券や大和証券など全国各地に支店・営業所を持っている「総合証券」と、
支店・営業所を持たず、インターネット取引に特化した「ネット証券」の2種類があるが、
新たに口座を開設するのであれば、ネット証券で口座開設することを強くおすすめする。

証券会社選びのポイントは「手数料の安さ」
証券会社選びで重視すべきポイントは、「手数料の安さ」だ。

初心者・経験者にかかわらず、株を売買すれば必ず売買手数料がかかる。
一回の売買にかかる手数料は微々たるものだが、デイトレーダーのように一日に何回も取引する投資家は、
取引回数が増えれば増えるほど手数料も増えるため、決してバカにならない。

総合証券で口座を開設すれば、各支店の営業マンや株式アドバイザーに投資について
アドバイスを受けることができるが、その分株の売買にかかる手数料も割高で、
下手をすればネット証券と比べて10倍以上違う。

手数料を安く抑えることは、投資パフォーマンスにも大きく影響することを忘れてはならない。

ネット証券の手数料比較
手数料は証券会社によって違うが、ネット証券は顧客獲得のため激しい手数料競争を繰り広げており、各社とも低価格の手数料体系を打ち出している。

主なネット証券の手数料体系は以下の通りだ。

証券会社10万円50万円100万円
SBI証券139円272円487円
楽天証券139円272円487円
カブドットコム証券90円250円990円
マネックス証券100円450円1000円
松井証券-500円1000円
岡三オンライン証券99円350円600円
ライブスター証券80円180円340円
GMOクリック証券88円241円436円

※2016年度サイト情報。

手数料の安さは証券会社選びの重要なポイントだが、
それ以外にも「取引ツールの使いやすさ」「取扱商品の種類」
「サポート体制の充実度」などについても比較することが大切だ。

これらの項目を総合的に判断し、これから口座開設する初心者には
「SBI証券」と「楽天証券」をおすすめしたい。

SBI証券

SBI証券は、オリコンが発表する「2016年日本顧客満足度ランキング」総合部門で10回目となる1位を獲得するなど、
個人投資家から最も多くの支持を集めているネット証券だ。
口座開設数は350万口座を突破し、個人投資家の売買代金シェアは41.1%に達している。(いずれも2016年9月時点)

業界最低水準の手数料体系に加え、
SBI証券が多くの個人投資家から支持される理由のひとつが「取引ツールの使いやすさ」だ。

SBI証券で口座開設すれば、リアルタイム・トレーディングツール
「HYPER SBI」
を無料で利用できる。
HYPER SBIは、ダブルクリックやドラッグ&ドロップといった
マウス操作だけで簡単に発注・訂正・取り消しが可能だ。

もうひとつの強みが、
ネット証券で唯一「PTS取引」ができることだ。

PTS取引とは、証券会社が独自に運営する取引所で取引できるシステムのことで、
「私設取引所取引」とも呼ばれる。

証券取引所が取引できる時間は平日の9:00から15:00までだが、
SBI証券に口座を持っていれば証券取引所の取引時間外でも取引できる。
(デイタイムセッションは8:20から16:00、ナイトタイムセッションは19:00から23:59まで取引可能)

PTSであれば、日中仕事をしているサラリーマンも仕事が終わった後に取引に参加でき、
また証券取引所が閉まった15:00以降に決算発表などの材料が出たときに、PTSで売買できる。

サラリーマンにとって、PTSは強い味方となるだろう。

楽天証券

楽天証券も、個人投資家から高い評価を受けているネット証券だ。

特に評判なのが、楽天証券が誇るトレーディングツール「マーケットスピード」で、
「マーケットスピードを使いたいから」という理由で楽天証券に口座開設する個人投資家は多い。

マーケットスピードは、マウス操作で簡単に
発注・訂正・取り消しができるのはもちろん、情報画面を独自にアレンジできる。
ニュース情報やチャート機能も充実し、まるでプロのトレーダーになったかのような雰囲気が味わえる。

「2016年日本顧客満足度ランキング」総合部門では、SBI証券、カブドットコム証券に次いで第3位となっているが、「分析ツール」「取引のしやすさ」部門では第1位にランキングされており、いかにマーケットスピードが高い評価を受けているかがわかる。

マーケットスピードは基本有料だが、口座開設から3か月は無料で、以降は3か月に一度約定があれば無料で利用できる。マーケットスピードを利用したいという理由だけでも楽天証券に口座を開設する価値は十分ある。

少額向きの投資スタイルとは

株式投資のスタイルには、大きく分けて「短期投資」「中期投資」「長期投資」の3種類があるが、
少額の資金運用を考えている投資家には「中期投資」もしくは「長期投資」のスタイルが適している。

「中期投資」と「長期投資」のスタイルが適している理由について、3つの投資スタイルそれぞれのメリット・デメリットとあわせて紹介しよう。

・短期投資

短期投資の代表としてよく知られているのが「デイトレード」で、
一日に何回も売買を繰り返し、小さな利益をコツコツ積み上げていく手法だ。

また、デイトレードよりもっと時間軸を短くして、
数秒から数分間に売買を繰り返す「スキャルピング」という手法もある。

どちらもポジションを持っている(株を保有している)時間が短く、
複数の銘柄を次から次へと売買して資金効率良く利益を上げるチャンスがあり、
一日で取引を完結するため市場が閉まった後の悪材料やニューヨーク市場の暴落などの影響を受けないのがメリットだ。

一方で、何度も小さな利益を取るために、
市場が開いている時間は常にモニターに張り付いて株価の値動きを監視しなければならず、
時間的に余裕がある人しかできないデメリットがある。

また売買回数が多くなると、その分手数料もかかるため、
少額で投資しているサラリーマンが利益を上げるのは至難の業だ。

・中期投資

デイトレードに比べるともう少し時間軸が長く、数日から数週間ポジションを保有して値幅を取るスタイルで、
「スイングトレード」とも呼ばれている。

デイトレードと違い、株価の小さな値動きを気にする必要がなく、常にモニターに張り付いている必要もない。
また数日から数週間ポジションを保有するため、大きな値幅が狙えるメリットがある。

スイングトレードであれば、日中仕事を持っているサラリーマンでも取引することが可能だが、数日から数週間ポジションを保有するため、デイトレードに比べてリスクは高くなる。

最悪の場合、仕事で市場の動きが見ることができない時に突発的なニュースが発表され、保有銘柄の株価が大暴落・・・というケースも十分考えられる。

想像しただけで冷や汗がダラダラ出てきそうだが、サラリーマンがスイングトレードをする場合、こうしたデメリットがあることも忘れてはならない。

・長期投資

スイングトレードよりさらに時間軸が長く、数か月から数年にかけてポジションを保有し、
大きなリターンを狙うスタイルだ。長期間ポジションを保有することから「ポジショントレード」
とも呼ばれている。

ポジショントレードのメリットは、
スイングトレードと同様に日々の株価の値動きを気にする必要がなく、
スイングトレードよりもっと大きな値幅が狙えることだ。

また、頻繁に売買する必要がないため手数料が安く抑えられ、
長期にわたって株を保有することにより配当金や株主優待を受け取ることもでき、
さらに配当金を再投資することによって「複利の効果」を得ることもできる。

デメリットは、大きなリターンを得るためには長い時間がかかるため、投資資金が長期間拘束されることだ。

また、長期投資をすれば必ず利益を上げられるというものではなく、
銘柄選択を間違えれば株価が大幅に下落して売るに売れない「塩漬け株」となったり、
リーマン・ショックのような予測できない大きな経済危機によって、
それまでコツコツ積み上げてきた含み益が一気に吹き飛んでしまう可能性もある。

どの投資スタイルにもそれぞれメリット・デメリットがあるが、
少額の資産運用を考えている投資家は「中期投資」か「長期投資」を選ぶべきだ。

10万円を20万円にする為には

株式投資を始めるためには、まとまった資金が必要というイメージがあるが、実はそんなことはない。
10万円あれば、優良銘柄や投資家に人気の銘柄も買うことができる。

では、どのような方法で10万円を20万円に増やすことができるだろうか?

短期間で20万円に増やすために、「値動きの大きい中・小型株を買う」という方法もあるが、
常に値動を監視していなければ大きな損失を出す可能性もあり、
仕事を持っているサラリーマンにはこの方法は難しい。

あっという間に大切な資金を失くさないためにも、「配当利回りの高い銘柄」への投資で長期的にコツコツ増やしていくことをおすすめする。

例えば、あおぞら銀行(8304)の配当利回りは4.46%、みずほフィナンシャルグループ(8411)の配当利回りは3.71%で、こうした銘柄に投資して配当金収入でじっくり増やしていけば、ストレスもなく楽しみながら投資できるだろう。

ただし、配当利回りが高い銘柄であれば何でも良いわけではない。銘柄によっては、業績が悪化し株価が下落したため配当利回りが高くなっている場合もある。投資する前に、業績悪化により株価が急落していないか確認してほしい。

数千円から始めたい場合は

10万とか怖くてできない。という人は数千円からでも株を売買する方法がある。それが、ミニ株や1株から購入できる買い方である。これは、証券会社によって、売買手数料もサービスも違う。くわしくはこちらの記事(株を低資金でも売買する方法)に詳しく書いているので、こちらを参照してほしい。

このサービスを使えば、少額投資向けで、1株から株を買うことができるので数千円単位の売買も可能である。しかし、制約も多いので、注意してほしい。普通の株の売買とは全く違う。

借金を背負うことってある?

あなたが株式投資を始めることについて、まわりの人から「損するからやめた方がいい」と言われたことはないだろうか?

日本では「お金儲けは悪」「株式投資=ギャンブル」というイメージが根強く、
「ギャンブルだから、損するに決まっている」と考える人が多いことが影響している。

では、株式投資で借金を背負ってしまうことはあるのだろうか?

株式投資には、自分の資金と株式で取引する「現物取引」と、
証券会社から資金と株式を借りて、自分の手持ちの資金以上の金額で取引できる「信用取引」がある。

現物取引であれば、最悪の場合手持ち資金がゼロになる可能性はあるが、借金することはない。
一方、信用取引は自分の手持ち以上の資金で取引することにより、
大きな利益を上げる可能性があるが、最悪の場合借金となる可能性もある。

投資資金以上の負債を追うの?

銀行にお金を預けた場合、預けた銀行が破綻しない限り元本割れすることはないが、
株式投資は「元本割れ」することがある。

元本割れとは、株価の下落などにより投資した元本より少ない金額しか資金が戻らないことをいう。

また、銀行預金の利息があらかじめ決まっているのに対し、株式の配当金は決まっておらず、
業績が悪ければ減配や無配となる可能性がある。

ただし、現物取引であれば元本割れする可能性はあるが、最悪の場合でも投資資金以上に借金することはない。

・追証

信用取引は、自分の手持ち以上の資金で取引できるが、
株価の暴落により追証が発生した場合、証拠金を追加しなくては取引が出来ない。

追証とは、信用取引をする場合、証券会社に「委託保証金」を差し入れなければならない。
委託保証金には、信用取引している金額に対し
最低維持しなければならない保証金の割合が決まっており(最低委託保証金率)、
売買した株の株価が下落して委託保証金率を割り込んだ場合、
追加で委託保証金を差し入れなければならない。
この時に追加で差し入れる委託保証金のことを「追加保証金(追証)」という。

期日までに追証を差し入れることができなかった場合、証券会社によって強制決済され損失を確定されてしまう。

・株式投資の醍醐味「複利効果」

株式投資は、銀行にお金を預けるより大きく増える可能性があるが、
元本割れや投資資金以上の損失を出す可能性もある。

だからといって、損失を恐れて株式投資をしないというのは、株式投資の醍醐味である
「複利効果」を享受できず、大きな機会損失となる。

複利とは、運用で得た利息を元本に加え、それを新たな元本として再び投資することをいい、利息を再び投資に回して、資産が雪だるま式に増やすことができる。

例えば、元本100万円を10%の利息で回すと仮定し、単利で運用した場合と複利で運用した場合、そして投資をしない人では以下のような違いが出る。

 1年後2年後3年後4年後5年後
単利運用110万円120万円130万円140万円150万円
複利運用110万円121万円133万円146万円161万円
投資しない人100万円100万円100万円100万円100万円

単利運用と複利運用では、1年目に金額の違いはないものの、年数が経過するごとに金額に差が生じ、5年目には単利運用が150万円で、複利運用は161万円と11万円の開きがある。

また複利は、運用期間が長期になるほど効力を発揮する。

 10年後15年後20年後25年後30年後
単利運用200万250万300万350万400万
複利運用259万418万673万1084万1745万
投資しない人100万100万100万100万100万

20年目には、単利運用と複利運用の差額が373万円となり、30年目には1,345万円にまで広がっている。

当然ながら、投資をしない人は何年たっても元本100万円のままで、複利運用と比べると1,645万円もの差になる。

これはあくまでシミュレーションだが、株式投資をする人としない人では、将来手元に残る資産額に天と地ほど差が出ることは一目瞭然だ。

信用取引は危険?

株取引の中で、信用取引という取引がある。
信用取引は資金の3倍まで取引をすることが出来るという性質がある。
3倍までの取引が出来るということは、借金を抱えるのではないかということをよく耳にするのではないだろうか。
だから信用取引なんて怖くてできない。という人もいるだろう。

実際に信用取引は元本割れのリスクを払うために、追加証拠金という制度があるのだ。
このサービスを使えば、少額投資向けで、1株から株を買うことができるので数千円単位の売買も可能である。しかし、制約も多いので、注意してほしい。普通の株の売買とは全く違う。

10万円でもできる株銘柄を選ぼう

すでに述べた通り、少額からでも株式投資を始めることはできる。
少額で買える銘柄の中にも、好業績銘柄や高利回り銘柄がゴロゴロある。

ここでは、10万円で買える銘柄を優良4銘柄と
3万円、5万円でも買えるおすすめ銘柄を紹介しよう。

10万円で買える銘柄を優良4銘柄はこれだ。

4680 ラウンドワン(最低購入価格:79,500円)
関西圏・関東圏を中心に、総合的なアミューズメント店舗を展開している。主力サービスはボウリングだが、それ以外にもアミューズメント(ゲーム)、カラオケ、スポッチャ(スポーツ・チャレンジ)も展開している。

2928 RIZAPグループ(最低購入価格:77,700円)
札幌アンビシャス市場に上場するRIZAPグループは、通販事業からスタートし、積極的なM&Aで事業領域を拡大してきた。主力のRIZAP事業以外にも、「RIZAP GOLF」や「RIZAP ENGLISH」などの新規事業も好調で、11月14日に発表された決算も大幅に上振れて着地するなど、業績も絶好調だ。

2762 三光マーケティングフーズ(最低購入価格:95,100円)
居酒屋、イタリアンバル、スイーツ、牛丼など幅広い業態の飲食店舗を展開している。今では当たり前になっている個室居酒屋や低価格居酒屋をいち早く開発し、国内12ブランド・全国約120店舗(2016年1月時点)を展開している。株主優待が充実していることも人気の秘密だ。

3778 さくらインターネット(最低購入価格:93,400円)
東京・大阪・北海道の3都市にデータセンターを構え、企業や個人が利用するインターネットサーバを貸し出す「ホスティング」を主力事業としている。フィンテック関連銘柄として2015年12月中旬から2016年1月中旬にかけて大相場となった銘柄だ。

3万円でできる優良銘柄はこれだ。

3万円で買える優良銘柄として、コジマ(7513)を紹介する。

7513 コジマ(最低購入価格:29,200円)
郊外型の家電量販店を展開し、家電業界の競争激化による業績悪化で、2012年にビックカメラの傘下に入ったが、不採算店舗の閉鎖により収益が大幅に改善し、株価はV字回復となっている。PER16.22倍、PBR0.62倍とバリュエーションが割安なのも魅力だ。

5万円でできる優良銘柄はこれだ。

5万円で買える優良銘柄として、セブン銀行(8410)を紹介する。

8410 セブン銀行(最低購入価格:34,000円)
セブン銀行は、一般的な銀行とは異なりATMサービスを主な業務とする銀行で、提携金融機関から支払われる「ATM受入手数料」が主な収益源となっている。

2016年9月末時点のセブン銀行のATMは23,029台で、現在も積極的な出店計画を進めているセブンイレブンをはじめ、セブン&アイホールディングスグループの各店舗や駅・空港、その他の商業施設などへのATM設置を進めており、国内にもまだまだATMを設置する余地は残されている。

まとめ

10万円で株式投資を始める場合、最低購入価格93,400円のさくらインターネット(3778)に投資するのも良いが、リスクを分散させるために、できれば1銘柄に集中投資することは避けたい。

そこで、コジマ(7513)とセブン銀行(8410)に分散投資することをおすすめする。投資資金は2銘柄で63,200円となり(手数料を除く)、どちらかの銘柄の株価が下落しても、もう一方の銘柄が値上がりしていれば下落分をカバーできる。

または時間を分散させ、セブン銀行(8410)を2回に分けて買う、あるいはコジマ(7513)を3回に分けて買うという方法も、買う時期を分散させて高値掴みのリスクを軽減するのに有効だ。

少額投資であっても、リスクを抑えた投資を心掛けてほしい。

 


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


株スクールの口コミ・評判


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. tax

    2017.03.27 | ニュース, 株の勉強, 株購入

    【初心者必見】株の売却益・売却損と ”確定申告” ・税金を分かりやすく解説します
    【初心者必見】株の売却益・売却損と確定申告・税金を分かりやす…
  2. kabushosinsya0

    2017.01.05 | 株/初心者/おすすめ, 株おすすめ本, 株の始め方/株入門, 株分析

    【投資家が推薦】株初心者が読むべき本8選~入門からチャート分析~
    株をこれからはじめようと考えている人は一番最初に「本で学ぼう…
  3. toshi-benkyouhouhou

    2016.07.17 | 株の勉強

    投資でお金を増やしたいあなたに最適な「株式投資の勉強方法」がすべてわかる5つのこと
    こんにちは。管理人のIkomaだ。この記事をすべて読…
  4. semiritaia

    2016.07.09 | セミリタイア

    将来サラリーマンをやめてセミリタイアしたい人がチェックするべきブログ9選のまとめ
    ども。管理人のIkomaだ。「いつかサラリーマンやめ…
  5. spiberipo-when-eye-photo

    2016.01.01 | スパイバー関連銘柄, テーマ株, バイオ関連銘柄

    スパイバー上場いつ
    スパイバーは世界ではじめて蜘蛛の糸を使った新素材の生産に成功…
  6. zmpipo-eye-photo

    2016.01.01 | ZMP関連銘柄, テーマ株, ドローン関連銘柄, 自動運転車関連銘柄

    ZMP上場いつ
    2015年ZMP上場が期待されていたが結局上場はされなかった…