株初心者におすすめ 証券口座開設のまとめ

「株式投資を始めたいが、どの証券会社で口座開設すればわからない」と悩んでいる初心者は多い。ネットで調べても、情報が多すぎて迷ってしまうだろう。

このサイトでは、証券会社選びで「これさえ押さえておけば大丈夫」というポイントを、どこよりもわかりやすく解説する。

kabu

初心者におすすめ 証券会社

株式投資を始めるためには、まず証券会社に口座を開設しなければならない。

日本証券業協会によると、2017年1月4日時点で日本証券業協会に加盟している証券会社は
261社あり(うち外国法人11社)、初心者が自分に合った証券会社を見つけるのは難しいが、
新たに口座を開設する初心者はネット証券で口座開設することを強くおすすめする。

まず、証券会社選びで重視すべきポイントは、「手数料の安さ」だ。

株を売買すれば、必ず取引手数料というコストが発生する。
株の売買で利益を得ても、手数料の金額によって実際に手にする利益が違ってくるため、手数料は安く抑えたい。

次に重要なのが、「トレードツールの使いやすさ」だ。

トレードツールが使いにくいと、注文を出すたびイライラしてストレスがたまり、注文の価格訂正・取消などの操作が複雑だと、タイミングが遅れて儲けのチャンスを逃してしまう。

初心者は、「手数料の安さ」「トレードルーツの使いやすさ」にこだわって証券会社を選んでほしい。

初心者向きの証券会社の特徴

初心者に向いている証券会社は以下の通りだ。

初心者向けの証券会社
・手数料が安い
・トレードツールが使いやすい
・取扱商品が多い
・サポート体制が充実している
・情報コンテンツが充実している
・口座開設費用・口座維持費用が無料

手数料やトレードツールの他にも、「取扱商品が多い」「サポート体制が充実している」などのポイントも大切だ。

せっかく口座を開設したのに、自分が取引したい商品を扱っていなければ口座を開設した意味がないし、システムトラブルなどの問題が発生した時に、迅速にサポートしてくれなければ思わぬ損失を被る可能性もある。

これらのポイントを総合的に判断して、証券会社を選んでほしい。

初心者におすすめ ネット証券一覧

初心者・経験者にかかわらず、株を売買すれば必ず売買手数料がかかる。
一回の売買にかかる手数料は微々たるものだが、デイトレーダーのように一日に何回も取引する投資家は、取引回数が増えれば増えるほど手数料も増えるため、決してバカにならない。

ネット証券は、顧客獲得のため激しい手数料競争を繰り広げており、低価格の手数料体系となっているが、各社とも約定代金によって手数料が違う。

下記にまとめた主なネット証券の手数料一覧を参考に、自分のトレードスタイルに合った最適な証券会社を見つけてほしい。

証券会社10万円50万円100万円
SBI証券139円272円487円
楽天証券139円272円487円
カブドットコム証券90円250円990円
マネックス証券100円450円1000円
松井証券-500円1000円
岡三オンライン証券99円350円600円
ライブスター証券80円180円340円
GMOクリック証券88円241円436円

ネット証券と総合証券の違い

証券会社は大きく分けて「総合証券」「インターネット証券」の2つがある。

総合証券とは、金融商品取引法で認められている「自己売買業務」「有価証券の委託売買業務」「引受業務」「募集・売り出し業務」の4業務を行う証券会社のことで、野村證券や大和証券などの大手証券会社は総合証券に属する。

総合証券で口座を開設すれば、各支店や営業所の営業マンや株式アドバイザーに投資についてアドバイスを受けることができるが、その分株の売買にかかる手数料も割高で、下手をすればネット証券と比べて10倍以上違う場合もある。

主な総合証券の手数料は以下の通りだ。

証券会社 10万50万100万
野村證券ネット150円515円1029円
電話2808円4212円11967円
大和証券1000円1725円3450円
SMBC日興証券125円400円800円
東海東京証券1500円1500円3450円

インターネット証券は、支店・営業所を持たずにインターネット取引に特化した証券会社で、SBI証券や楽天証券がインターネット証券の大手として有名だ。

インターネット証券は、総合証券のように営業マンやアドバイザーにアドバイスを受けることはできないが、株式取引から決済まですべてオンラインで完結し、人件費や固定費がかからないことから手数料が安く抑えられている。

ネット証券と総合証券の特徴をまとめてみた。

項目ネット証券総合証券
手数料×
口座開設×
トレードツール
アドバイス

◎・・・大変良い
〇・・・良い
△・・・あまり良くない
×・・・悪い

手数料はネット証券が圧倒的に安いが、その他の項目でも総合証券よりネット証券の方が優れている。

総合証券は、セールスや投資アドバイザーに投資に関するアドバイスを受けられるメリットがあるが、ネット証券でもアナリストレポートを無料で閲覧できるサービスを導入している会社は多く、投資に関する情報の充実度は総合証券と比べても引けを取らない。

失敗談から学ぶ「間違いだらけの証券会社選び」

株式投資の経験が豊富な個人投資家でも、初心者の頃に証券会社選びで失敗してしまった人は多い。

この章では、初心者の頃に証券会社選びで失敗してしまったAさんとBさんのケースから、
初心者が間違いやすい失敗を紹介する。

Aさん(60代男性)のケース

長年勤めていた会社を定年退職したAさんは、日中の空いた時間で株式投資を始めようと、数あるネット証券の中から一番手数料の安い会社を選んで口座を開設した。

「手数料が安いから、ガンガン取引できるぞ」と張り切っていたものの、いざ注文を出すと約定するまでに時間がかかり、画面上で砂時計がクルクル回った状態のままトレードツールが固まってしまう状況が頻発、また注文を取り消そうとしても操作方法がわかりにくく、サポートセンターに電話してもずっと話し中でつながらず、モタモタしているうちに想定と大きくかけ離れた価格で約定してしまった。

のちにサポートセンターのオペレーターに確認したところ、Aさんはかなり古いパソコンを使っていたため、最新のトレードツールを利用するにはスペックが足りなかったことがわかった。

Bさん(30代女性)のケース

Bさんは、OLとして働きながら貯めたお金を株式投資で運用することを考えていた。ミニ株などの少額取引に興味があったBさんは、ネットで調べた結果、手数料が安く個人投資家の評判も良かった証券会社に口座を開設した。

しかしよく調べてみると、手数料が安かったのはデイトレーダー向けの「一日定額プラン」で、取引ごとにかかる手数料は他の証券会社より高く、なおかつその証券会社ではミニ株を扱っていないことが分かった。

結局Bさんは、新たにミニ株を扱っている証券会社に口座を開設し、最初に口座を開設した証券会社で取引することはほとんどなかった。

Aさん、Bさんとも「手数料の安さ」で証券会社を選んで失敗してしまった。
証券会社選びで「手数料の安さ」は重要なポイントだが、それだけで決めてはいけない。取引で利用するトレードツールの使いやすさや、トラブルがあった時のサポート体制も重要だ。

また、取扱商品は証券会社ごとに異なるため、口座を開設する前にあなたが希望している商品を取り扱っているかチェックしておこう。

口座開設の流れ

この章では、これまで証券会社で口座を開設したことがなく、一度も取引をしたことがない初心者に、口座開設から株を取引するまでの流れをわかりやすく説明する。

証券会社で口座を開設する

株式投資を始めるためには、まず証券会社で証券口座を開設しなければならない。

総合証券で口座を開設する場合は、支店・営業所まで行って申し込みしなければならない場合も多いが、ネット証券であればオンラインで口座開設の申し込みができる。

口座を開設するネット証券のホームページから口座開設申し込みの手続きを行うと、数日後に証券会社から口座開設に必要な書類が届き、必要事項を記入後、運転免許証などの本人確認書類のコピーを同封し証券会社に返送すれば、ログインID・パスワードなど取引に必要な情報が証券会社から送られてくる。

なお、SBI証券や楽天証券などの大手ネット証券では、口座開設の手続きがすべてオンラインで完了する会社もある。郵送で申し込む場合は、口座開設まで大体1週間~2週間程度かかるが、オンラインで申し込む場合は最短で4日程度で口座開設が完了する。

口座に投資資金を入金をする

口座開設が完了したら、その口座に株を購入するための投資資金を入金する。入金方法は金融機関の振込と全く同じで、銀行や郵便局から自分の口座に振込めばよい。

ネット証券の中には、インターネットバンキングに口座を持っていればパソコンやスマートフォンから振込ができ、即時に入金処理が完了する「リアルタイム入金サービス」に対応しているところも多い。

あっという間に入金が完了し、すぐに取引が開始できる大変優れたサービスであり、ぜひ証券口座と合わせてインターネットバンキングの口座も開設しておきたい。

まとめ

株式投資の初心者でも、「株で儲けたい」「損失を出したくない」と経済やファンダメンタルの勉強をしている人は多いが、口座を開設する際に証券会社の情報を詳しく調べている人は少ない

「証券会社なんて似たり寄ったりで、どこで口座を開設してもそんなに大差はないだろう」と軽く考えがちだが、証券会社の選び方は株式投資のパフォーマンスに大きく影響することを忘れてはならない。

証券会社にはそれぞれ長所・短所があり、なかなか1社に絞ることは難しいかもしれないが、その場合は「手数料の安い証券会社と分析ツールが充実している証券会社」や「トレードルールが使いやすい証券会社とIPOに強い証券会社」など、複数の証券会社で口座を開設してみるのも良いだろう。

ほとんどのネット証券は無料で口座開設できる。投資スタイルや用途に合わせて、あなたにピッタリの証券会社を見つけてほしい。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


株スクールの口コミ・評判


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. tax

    2017.03.27 | ニュース, 株の勉強, 株購入

    【初心者必見】株の売却益・売却損と ”確定申告” ・税金を分かりやすく解説します
    【初心者必見】株の売却益・売却損と確定申告・税金を分かりやす…
  2. kabushosinsya0

    2017.01.05 | 株/初心者/おすすめ, 株おすすめ本, 株の始め方/株入門, 株分析

    【投資家が推薦】株初心者が読むべき本8選~入門からチャート分析~
    株をこれからはじめようと考えている人は一番最初に「本で学ぼう…
  3. toshi-benkyouhouhou

    2016.07.17 | 株の勉強

    投資でお金を増やしたいあなたに最適な「株式投資の勉強方法」がすべてわかる5つのこと
    こんにちは。管理人のIkomaだ。この記事をすべて読…
  4. semiritaia

    2016.07.09 | セミリタイア

    将来サラリーマンをやめてセミリタイアしたい人がチェックするべきブログ9選のまとめ
    ども。管理人のIkomaだ。「いつかサラリーマンやめ…
  5. spiberipo-when-eye-photo

    2016.01.01 | スパイバー関連銘柄, テーマ株, バイオ関連銘柄

    スパイバー上場いつ
    スパイバーは世界ではじめて蜘蛛の糸を使った新素材の生産に成功…
  6. zmpipo-eye-photo

    2016.01.01 | ZMP関連銘柄, テーマ株, ドローン関連銘柄, 自動運転車関連銘柄

    ZMP上場いつ
    2015年ZMP上場が期待されていたが結局上場はされなかった…