【株用語】順張りと逆張りとは

株をはじめると、よく「順張り」や「逆張り」という言葉を耳にすると思う。一言でいうと、順張りは上昇トレンドの時に利用する投資方法で、逆張りは下落トレンドの時に利用する投資方法だ。それぞれにメリット・デメリットがあるので、そちらについてより詳しく解説していきたいと思う。

jyun-gyaku

■■■ 目次 ■■■

順張りとは

市場のトレンドには大きく3種類存在する。

  • 上昇相場
  • 下落相場
  • ボックス相場(もみあい相場)

この3種類だ。

順張りは、その中の上昇相場の時に活躍する投資方法で、特に株初心者は順張りで投資するのが一番基本だしおすすめな投資方法になる。

上昇トレンドかどうかをトレンドが始まる前に見ぬくためにはチャート分析(テクニカル分析)の知識が必要だが、この記事ではその部分には触れない。

ここでは、株価が右肩上がりで上昇している銘柄にそのまま乗っかって利益を取る投資法が「順張り」というふうに覚えておいてほしい。

上昇相場がなぜ起こるのか?

上昇相場が起こる心理状態は、「オークション」の心理状態に似ている。例えばあなたがももクロのファンだとして、ももクロのコンサートチケットがどうしてもほしいとする。定価は5000円だが、もうすでに一般では買うことができない。しかし、それを「1万円で欲しい人はいないか?」と言われた時に、1万円出してもほしいと思えば、1万円払うだろう。

このオークションの心理状態のように、その株を欲しいというひとがたくさん集まってくると、どんどん値段があがっていき、株価が上昇していく。

リスク・オンとは?

ここで一つ疑問が出るかもしれない。「株価が急上昇するということは、その株が持つ本来の価値よりも割高になるのではないか?」という疑問だ。

「割高の株を買うことは、リスクが高いので買ってはいけないのではないか?」

そういう人もいるだろう。

特に株をはじめたてのころは、雑誌などを読んで勉強すると思うので、「割安株を買おう」とか、「配当が良い株を買おう」とかしきりに言われている。「割高株はダメ」という思考になりやすいと思う。

しかし、考えてみてほしい。そもそも人気が出てるということは、すでに割高に向かっていってるということなのだ。なので、「想定より割高だからこの株は上昇トレンドだけど買わない」というシンプルな判断を下してしまうと、そこから上昇するであろう利益を完全に放棄することになる。

なので、「少しぐらい割高でもこの株はもっと上昇するから買ったほうがいい」という強気の人が増えてくるのだ。このような「ハイリスク・ハイリターン」を求める流れを、「リスク・オン」と呼ぶ。この逆が「リスク・オフ」である。

順張りは利益が出るまでが早い

順張り投資はプロが主に好んで使う投資法だが、その理由は、利益が出るまでが早いということだ。順張りは、今上がっている株を買うことになるので、逆張りのように、リバンドを待つ必要が無い。

順張りはトレンド判断をミスすると、高値づかみをする危険性はあるが、トレンドを見分けられると、上昇トレンドが終わるまで保有し、そのままの流れに乗っていけるので、メリットが多い。

逆張りとは

一方、下落相場で利益を出しやすい投資方法が逆張り投資だ。逆張り投資は、下落している人気のない株を買って、利益を出す方法で、この投資法は値下がりしている銘柄ほど魅力的となる。

つまり、割安感が出てきた株を購入してリバンドした時に、その利ざやを稼ぐ投資法なのである。この投資法は、下がった株をただ買うというシンプルなものではないので、その見極めが成功のポイントになる。

株が1000円だったのが700円になったから割安だ。ということにはならないので、その株の価値を見抜く視点が必要になる。

もともと、500円の価値しかないものが、1000円から700円になっても、割高なのは変わらない。750円の価値のものが、1000円から700円になると、はじめて割安という判断になる。

このような、企業の価値を客観的に見る指標として、「PER」「PBR」という指標がよく利用される。

逆張り投資の注意点

逆張り投資は、市場が弱気のときに利用する投資法なので、その判断をミスすると大きな損失を被る可能性がある。順張りのところで説明した「リスク・オン」の逆で「リスク・オフ」の状態なので、誰もリスクを取ろうとして大きく買おうとしないのだ。

だから、ここで注意すべきポイントは2つだ。

  1. しっかりとリバウンドするであろう株を見抜く
  2. 適正価格からの乖離

ひとつ目の、しっかりとリバウンドするであろう株を見ぬくということだが、このリバウンドできる株の特徴は、ある程度の規模があるということだ。例えば、「トヨタ」がなにか大きな不祥事を起こしたとしよう。だからといってトヨタがいつまでもその不祥事を引きずって、倒産しそうになるだろうか?

まずありえないことである。これほどの規模の企業になにか問題が起きたとしても、その資産的な価値の大きさから、いずれ、元どおりのトヨタに戻ると考えるのが普通だろう。

このように、ある程度の規模の会社であれば、悪材料が出て、株価が下がっても、いずれかがってくるだろうという見通しを立てることができるのである。

ふたつめの、適正価格からの乖離という部分だが、投資家たちは「この株はこのぐらいが適正価格だろう」というのをある程度持ったうえで取引している。

つまり、この投資家たちの「適正価格」から大きく離れた場合、元にもどるように買いが集まりやすくなる。なので、大きく乖離した株を安値で買って、元に戻ったら売るというような投資法として、逆張りは個人投資家に人気がある。


無料動画:具体的な手法を無料オンライン講座で詳しく紹介

この無料オンライン講座に参加いただくと、現役トレーダー下山敬三氏が編み出したトレード手法「波乗り投資法」を詳しく学ぶ事ができます。
下山敬三氏は、世間で言われている投資ロジックとは真逆の、「ロスカットはしない」「取引銘柄は1銘柄のみ」の取引で、7年間勝ち続けています。

また、勝ち続けている証拠として、日々ブログな中で取引口座を公開している、正真正銘の勝てる現役トレーダーなのです。そんな下山敬三氏の取引手法「波乗り投資法」をこの無料オンライン講座で詳しく学べます。


具体的にどんな事が学べるか?というと

・ロスカットしない投資手法で、本当に勝てるの?
・なぜ、一銘柄で取引するのか?本当の理由とは?
・波乗り投資法に適した銘柄は?おすすめ銘柄プレゼント!
・含み損をプラスに変える具体的なテクニック公開!
・私、下山敬三の実取引を公開しての徹底解説


■無料オンライン講座
第1回:1日5分 ロスカット不要の非常識な投資術
第2回:株で勝ち続けるための銘柄の選び方の秘密
第3回:含み損をプラスに変える極秘ロジック
第4回:下山敬三の実取引を徹底解説!トレード実況中継
第5回:成功者の体験談とマル秘話を大暴露

image01

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事

ロスカットする前に見て欲しい

ピックアップ記事

  1. スライド1

    2017.08.18 | 株/初心者/おすすめ, 株の始め方/株入門

    株を始めるのに必要なこと
    講師…
  2. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株取引

    株をやりたいあなたが、開設すべき口座7選
  3. スライド1

    2017.08.18 | 株分析, 株取引, 株用語, 株購入

    今話題のフィンテック関連銘柄を追え!
    昨今テレビのニュースを騒がせている、「フィンテック」…
  4. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株分析, 株購入

    投資の種類別おすすめ・手法と関連銘柄
    株式投資だけでなくをこれから始め…
  5. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株分析, 株取引

    スキャルピング手法のコツを掴んで株で勝つ方法
    はじめまして株アカデミーの小野寺です。デイト…
  6. スライド1

    2017.08.18 | 証券会社の選び方

    ネット証券比較ランキング2017、おすすめはどこの証券会社?
    早速株を、初めて行きたいということネット証券は一体の…
  7. スライド1

    2017.08.18 | 銘柄を選び

    【必見】トヨタの株価は、今後どうなる?徹底予想!
    こんにちは!株を始めれる方でも特…
  8. スライド39

    2017.07.21 | ニュース, 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株購入

    【借金地獄】株で借金をした人たちの体験談
    株を始める目的は、「お金を増やす…
  9. スライド35

    2017.07.21 | 株の始め方/株入門, 株購入

    デイトレードの資金にはいくら必要ノウハウのまとめ
    デイトレードを始めるにはどれくらいの資金が必要なので…
  10. スライド31

    2017.07.21 | 株分析, 株購入

    ビットコイン銘柄仮想通貨銘柄
    こんにちは株アカデミーの小野寺で…