株の買い方で初心者が押さえておくべき基本的なこと

株を買うとき、いくつか押さえておきたい基本的なことがあるので、その基本的なことをまとめていきたいと思う。

basic-eye-photo

株の買い方の単位

株には最低限、購入しなくてはならない単位というのがある。それを、「単元株数」と呼ぶ。銘柄によっても違うが、多くが最低「100株」からの購入になっている。1000株単位の株もるが、100株単位が比較的多くなっている。新興市場系の銘柄だと、低いのもあるが、まず、日本の株は最低100株単位から購入しなくてはならないということを覚えておくといいだろう。

ただ、100株と言っても、イメージがわかないと思うが、これは、銘柄によって、まったく購入金額が変わってくる。例えば、1株100円の銘柄で、単元株数が100株だと、最低10,000円からの購入になる。しかし、これが一株1,000円だと、最低10万円からの購入金額となる。

銘柄によっては、1株3,000円というのもあるので、そうなると、最低30万円からの購入ということになるのだ。株はある程度まとまった資金がないと買えないというイメージがあるのは、単元株数が設定されているからである。

株の買い方の最小単位は?

株は最低100株からが多いという話をしたが、実は、証券会社によっては、もっと最小単位で購入することができる。10分1の株数から購入できる、「ミニ株」や1株単位から購入できる「単元未満株」などというのもある。詳しくは、ほかの記事で書いているので、下記リンクで確認してほしい。

 

株の買い方はSBI証券がわかりやすい

証券会社はいくつも登録しているが、個人的にはSBI証券が初心者にはわかりやすいと思っている。単元未満株もあるし、画面もすっきり見やすい構成になっている。正直、カブドットコム証券は見にくい印象がある。まあ、好みだろうが、個人的にはSBI証券がおすすめである。

SBI証券の画面操作が分からない方は、くわしく画面操作の方法を書いているので下記リンクから確認してほしい。単元未満株の買い方の操作方法をまとめている。

 

株の売り方

株の買い方も売り方も基本的には同じだが、注意すべき点は、成行注文にするか、指値注文にするかで違いがあるので、気を付けてほしい。

ちなみに、単元未満株の売買は、成行注文しかできないので、そこも注意点の一つだ。実際に売買した取引の詳細を下記の記事に書いている。成行注文や指値注文などもこちらで書いていますので、ぜひ参考にしてほしい。

 

めちゃくちゃ、簡単に説明すると、指値注文は、自分の売りたい金額を指定してその金額になったら売買を成立させる注文方法で、成行注文は、その時の株価で売ってしまう注文だ。

成行のメリットは、取引を優先させられるという点である。しかし、デメリットは、相場の動きで多少の誤差が出てしまう可能性があるということだ。

指値のメリットは、売りたい金額になったら、売れるということなのだが、デメリットは、取引がなかなか成立しない場合があるという点だ。

その時に、損益の状況に合わせて、選択するとよいだろう。

株の買い方の種類

株の買い方には、大きく分けて、次の2つの買い方がある。

  • 現物取引
  • 信用取引

現物取引とは

現物取引というのは、自分の証券会社に入れている資金の範囲内で、現物の株を購入する買い方だ。これは、普通にものを買う感覚である。10万円あって、5万円の株価が買いたいとする。すると、5万円で買って、5万円が口座に残る。こんなシンプルなあたりまえの買い方が現物取引だ。

信用取引とは

信用取引は、自分の資金の約3倍の株価を信用で買うことができる取引だ。仮に100万円持っていたら300万円まで取引できることになる。これのメリットは、少ない資金で大きな利益を狙うことができる点だ。

レバレッジなどという言いかたもするがその分危険もある。プラスの時は、利益が3倍だが、マイナスも3倍だ。あまりに大きく値が動いた場合、思わぬ損失をこうむる可能性があるので、その辺は注意したい。

信用取引だけができる空売りとは

現物取引というのは、株価が安い時に買って、高くなったら売るという、基本的な売買の方法で利益を得ていくが、信用取引の場合は、株価が安くなっても利益を出すことが可能だ。

それが、「空売り」という売買手法である。この空売りという手法は、株価が下がると予想した場合に、証券会社から株券を借りて、先に売ってしまう。自分が持っていない株券を証券会社から借りて売るのだ。つまり証券会社に借金を作ってる状態ということだ。そして、株価が下がったら、その株券を買い戻す。そして、証券会社に株券を返す。そうすることで利益を得る手法である。少しわかりずらいので、具体的に数字で説明していこう。

まず、「A社株(株価:1000円)」を100株、証券会社から借りる。それをそのまま空売りしたとしよう。ここでは10万円(1000円×100株)となる。その後、株価が900円まで下がったとする。ここで100株を買い戻すのだ。

買い戻しにかかるお金は、900円×100株=9万円だ。証券会社には100株借りているので、9万円で買い戻した100株を証券会社に返す。そうすると、10万円の価値のものを9万円で買い戻したわけなので、差額の1万円が利益となる。

空売りというのは、株価が下がった時に利益を出せる取引の種類ということだ。

株の寄り付き

寄り付きというのは、一日の最初か後場の最初に取引が成立する事を言う。その日かその日の後場で、最初に値が付いた時のことだ。ただ、単に寄り付きといった場合には、前場の寄り付きを指すのが一般的だ。

これは、前場や後場の開始時間の9時や12時半に必ずしもジャストタイムで起こるということではない。買い手と売り手の条件が合わずに、売買が成立しない場合は、時間ジャストで取引が成立するとは限らないのだ。ちなみに、前場が終わることを前引けと言い、後場の終りを大引けと言う。これらの用語は、よく出てくるので、覚えておくとよいだろう。

まとめ

株の買い方は、実際はそんなに難しくはない。最初は現物取引で、「安く買って、高く売る」というのから始めてみるといいだろう。いきなり信用取引をして大やけどすると、二度と株をやりたくないと思ってしまうかもしれない。

まずは、売ったり買ったりして、いくらか儲けたり損をしたりを経験してみるのがおすすめだ。5万円以下の取引なら、損しても数百円から数千円程度で済む。まずは、そのあたりの安い株を試しに買ってみて、値段が下がったり上がったりを体験してみてほしい。勉強だけするよりも、実際に取引したほうが100倍速い。

 


株初心者でもできる!
1日5分の株取引で稼ぐための無料講座

ロスカット不要!チャートやニュースを見なくても
1日5分の株取引で稼げる無料講座を用意しました。

この無料講座は、

  • 株をはじめたいが、時間がなくてなかなか始められない
  • 株初心者で、やり方がよく分かっていない
  • 自分が買った直後に下がる
  • 慌てて損切りしたら株価が戻ってきて後悔する

といった悩みを持っている人に特におススメです。

何故なら

  • 1日の取引時間5分以内
  • チャート一切みない
  • 銘柄選び1銘柄のみ
  • ロスカットルールそもそも損切りしない

といった、株式投資の知識がなくても短時間で稼げる投資手法を教えているからです。

一見、非常識にも思える投資手法ですが、重要なのは、

「いつ買うか?いつ売るか?」

ではなく、

「予想を外した時の対処法があるか?」

という視点です。

つまり、予想を外しても株で稼ぎ続けるためには、チャート分析やファンダ分析ではなく、資金管理と戦略が大切だということです。

資金管理と戦略に焦点をおいた株投資法については、無料講座で解説しているので、株で稼ぎたいと考えているなら、ぜひ、無料講座を受けてみてください。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事

ロスカットする前に見て欲しい

ピックアップ記事

  1. 図1

    2019.06.07 | 株初心者

    株初心者が株式投資で利益を上げる為に知っておくべき株の勉強方法と基礎知識
    皆さんは、株式投資と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょう…
  2. 図1

    2019.05.09 | 株/初心者/おすすめ

    将来サラリーマンをやめてセミリタイアしたい人がチェックするべきブログ9選のまとめ
    「いつかサラリーマンやめてセミリタイアしたいな〜・・…
  3. スライド1

    2017.08.18 | 株/初心者/おすすめ, 株の始め方/株入門

    株を始めるのに必要なこと
    講師…
  4. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株取引

    株をやりたいあなたが、開設すべき口座7選
  5. スライド1

    2017.08.18 | 株分析, 株取引, 株用語, 株購入

    今話題のフィンテック関連銘柄を追え!
    昨今テレビのニュースを騒がせている、「フィンテック」…
  6. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株分析, 株購入

    投資の種類別おすすめ・手法と関連銘柄
    株式投資だけでなくをこれから始め…
  7. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株分析, 株取引

    スキャルピング手法のコツを掴んで株で勝つ方法
    はじめまして株アカデミーの小野寺です。デイト…
  8. スライド1

    2017.08.18 | 証券会社の選び方

    ネット証券比較ランキング2017、おすすめはどこの証券会社?
    早速株を、初めて行きたいということネット証券は一体の…
  9. スライド1

    2017.08.18 | 銘柄を選ぶ

    【必見】トヨタの株価は、今後どうなる?徹底予想!
    こんにちは!株を始めれる方でも特…
  10. スライド39

    2017.07.21 | ニュース, 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株購入

    【借金地獄】株で借金をした人たちの体験談
    株を始める目的は、「お金を増やす…