【株用語】インフォメーションレシオ(計算式)とは

 

スライド01

インフォメーションレシオとは

 

インフォメーションレシオとは、投資信託の中の運用方法の1つであるアクティブ運用を行う場合に1つの参考として使う指標のことです。

IRと略称が使われることの方が多いかもしれません。

 

アクティブ運用は他の運用方法よりもリスクを取る機会が多くなります。

高い利益目標を達成するためには、このリスクを取るという行為は必要なことですが、リスクリターンのバランスが取れていなければ意味がありません。

 

とったリスクとリターンのバランスが取れているかをベンチマーク(基準となる指標)と比較して、数値として表したもの。

それがインフォメーションレシオ(IR)です。

情報レシオや情報比と呼ばれたりもしますが、あまり使われない気もします。

 

このインフォメーションレシオの数値が高ければ高いほど、その投資信託はローリスク、ハイリターン。つまり効率の良い

運用がなされていて、ベンチマークよりも良い成績である。と言うことができます。

 

ベンチマークよりも良い運用成績ということは、パッシブ型投資信託を選ぶよりも儲けることが出来たということになります。

 

アクティブとは

投資信託のなかで、運用担当者(ファンドマネージャー)が株式・債権・その他有価証券の銘柄やその割合を決定し、運用を行うことです。

運用担当者にその全権を預けて、その人の裁量によって積極的に高い利益を狙っていく手法ということです。

基本的にはベンチマークを設定し、それ以上の運用成績を目指していく形になります。

 

 

パッシブとは

アクティブが動的運用とされるのに対し、パッシブは静的運用とされます。

このパッシブもベンチマークを設定しますが、アクティブと違い、そのベンチマークに連動した投資成果を目指します。

どちらが良い悪いというわけではなく、リスクを冒しても高い利益を求めるのか、可能な限りリスクを抑える代わりに低い利益でも良しとするのかは

投資をする人によってそれぞれです。

 

 

ベンチマークとは

運用成績を評価するときの物差し、基準点となるものです。

日本株で運用を行う場合は、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などがベンチマークとして利用されることが多いです。

基本的に、同一のベンチマークであれば主な投資対象が同じである、同じ種類のファンドと考ることもできます。

また運用の手法によってはこのベンチマークを使用しないファンドもあります。

4

 

インフォメーションレシオの評価基準

 

このインフォメーションレシオは次の様な公式で算出されます。

 

ポートフォリオのリターンとベンチマークのリターンとの差(アクティブリターン)の平均値をアクティブリターンの標準偏差(トラッキングエラー)

で割って算出されます。

 

(ファンドのリターン - ベンチマークのリターン) / (ファンドのベンチマークに対する相対的なリスク)

 

ということです。

 

アクティブリターンとは

その運用におけるリターンとベンチマークのリターンの差のことです。

ベンチマークのリターンが+3%、その運用におけるリターンが+5%であった場合は、アクティブリターンは+2%ということになります。

この場合はリスクを冒した甲斐があったと言えます。

ベンチマークのリターンが+5%、その運用におけるリターンが+3%であった場合は、アクティブリターンはー2%ということになります。

この場合はリスクを冒した意味がないということになります。

 

トラッキングエラーとは

ポートフォリオのリターン(その商品のリターン)とベンチマークのリターンとの乖離の大きさを示す指標で、アクティブリスクとも呼ばれます。

ポートフォリオのリターンとベンチマークのリターンとの差(アクティブリターン)の標準偏差をとった値となります。

数値が大きいほど、ポートフォリオの動きがベンチマークのから乖離していたことを表しています。

 

標準偏差とは

そのデータがもっている散布度(バラつき)の指標です。

統計学に用いられるものです。

 

多分、ここを読んでも「?」となっていると思います。

大丈夫です、ここで頭に?が並んでしまった人でもインフォメーションレシオを問題なく指標として使うことができます。

 

なぜなら証券会社の投資信託の詳細に、この答えが数値として書いてあるからです。

私たちが指標として見るべき点は1つだけ。

 

インフォメーションレシオの数値が0.5以上であるか否か

 

これだけです。

 

さらに付け加えるなら、数値が大きければ大きいほど運用成績が良いと言えます。

10-1-1

シャープレシオとは

 

リスク当たりの超過リターンを測るもので、

この数値が高いほどリスクを取ったことによって得られた超過リターンが高いこと(効率よく収益が得られたこと)を意味します。

 

リスクリターンのバランス、効率を表す指標であるという点でインフォメーションレシオとシャープレシオは似ているものであると言えます。

また、このシャープレシオはリスク調整後のリターンがどれほどのものかを測る指標でもあります。

 

リスク調整後リターンとは次の様な計算によって算出された数値のことを言います。

 

1、シャープレシオ(シャープ測度)={(リターン)-(リスクのない資産のリターン)} / (リターンの標準偏差)

2、アルファ=(リターン)-(同程度のリスクを持つパッシブ運用のファンドのリターン)

3、情報比=(アルファ)/(トラッキング・エラーの標準偏差)

 

これもインフォメーションレシオの数値を出す時と同様、計算式はなんとなくの理解で良いと思います。

インフォメーションレシオ同様、いずれの数値においても高いほど運用成績が良いと言うことができます。

 

インフォメーションレシオとシャープレシオの一番の違いは基準です。

 

インフォメーションレシオがベンチマークとの比較であるのに対し、シャープレシオはその投資信託の運用成績だけを見ます。

こちらも数値が大きいほど良いと言えます。

債券投資のメリットデメリット-1-2

インフォメーションレシオとシャープレシオの使い分け

 

今まで書いてきた通り、どちらもその投資信託のリスクリターンのバランスを表した指標です。

ですので、使い分けと言うよりも併用して使うという方が効率的です。

 

シャープレシオだけでは収益効率の高さは分からないので、この数値が高いものを選んで、インフォメーションレシオと照らし合わせて見ることで

その投資信託の実質的な運用が見えてくることもあります。

当然のことながら人間には寿命があります。

ですので、短い期間で効率よく収益を上げることができるに越したことはありません。

そのため、収益効率を考えることも投資においては大事な要素の1つとなります。

 

シャープレシオでは高い数値の出るものでも、インフォメーションレシオでは低くなってしまうことも往々にしてあるので、両方の数値をしっかりと

把握しておきましょう。

株と税金、それにまつわる様々な制度-3-1

インフォメーションレシオは参考になるのか

 

インデックスファンドであれ、アクティブファンドであれ、運用成績を評価する必要があります。

投資信託、ETFなど自分自身で運用を行わないのであればファンド、ひいてはファンドマネージャーの過去の成績はやはり重要に思えます。

しかし、その参考としてインフォメーションレシオを柱とすることが果たして是なのかと言うと、少々疑問も残ります。

その理由としてはいくつかあります。

 

例えば資金の出入り、配当再投資などでコストがかかります。

さらに運用方法。

どの銘柄をどの程度のウェイトで組み込んでいくかなどでもズレが出てきます。

 

これらについても、これ以外に関しても色々とあるのですが、

正直その話は細かく複雑になりやすく、かつそれをどういう風に捉えるかは人それぞれで変わってしまいます。

 

つまりは、「明確にして絶対的な指標ではない」と言えます。

 

参考になるかならないかに言及するならば、参考にはしても良いがそれだけがその商品を購入する絶対的なものにはなりえない。

という表現が一番しっくり来ると思います。

スライド10

まとめ

 

インフォメーションレシオにしてもシャープレシオにしても、投資信託を行う場合は知っておくべき代表的な指標ではあります。

これらの様な過去のデータに基づいた評価の仕方を定量評価といいます。

定量評価は過去のデータに基づいたものであり、起った事実を主観的ではなく、どちらかと言えば客観的に評価しています。

そのため、レーティング(格付け)と呼ばれる投資信託の評価会社が発表するものは、その大半がこの定量評価を使用しています。

 

しかし、先述の通りインフォメーションレシオも絶対的な指標ではなく、あくまでも参考程度のものです。

 

シャープレシオに関しては知識として、そういうものもあるんだな。と言う程度の理解で十分かと思います。

 

これはこの2つだけに言えることではなく、全ての指標に言えることですが、「指標はあくまでも指標」であり、かつ「あくまでも過去の実績」

でしかないということです。

 

株はどう頑張っても勝率100%にすることは出来ません。

であるならば、損をしたとしても自分が納得できる銘柄に投資する。

と言うことが最も重要です。

 

納得するため、その銘柄を熟考する。

そのためにインフォメーションレシオとシャープレシオを知り、リスクリターンを常に考えていくことで、より良い投資の形にが見えてくるかもしれません。


無料動画:具体的な手法を無料オンライン講座で詳しく紹介

この無料オンライン講座に参加いただくと、現役トレーダー下山敬三氏が編み出したトレード手法「波乗り投資法」を詳しく学ぶ事ができます。
下山敬三氏は、世間で言われている投資ロジックとは真逆の、「ロスカットはしない」「取引銘柄は1銘柄のみ」の取引で、7年間勝ち続けています。

また、勝ち続けている証拠として、日々ブログな中で取引口座を公開している、正真正銘の勝てる現役トレーダーなのです。そんな下山敬三氏の取引手法「波乗り投資法」をこの無料オンライン講座で詳しく学べます。


具体的にどんな事が学べるか?というと

・ロスカットしない投資手法で、本当に勝てるの?
・なぜ、一銘柄で取引するのか?本当の理由とは?
・波乗り投資法に適した銘柄は?おすすめ銘柄プレゼント!
・含み損をプラスに変える具体的なテクニック公開!
・私、下山敬三の実取引を公開しての徹底解説


■無料オンライン講座
第1回:1日5分 ロスカット不要の非常識な投資術
第2回:株で勝ち続けるための銘柄の選び方の秘密
第3回:含み損をプラスに変える極秘ロジック
第4回:下山敬三の実取引を徹底解説!トレード実況中継
第5回:成功者の体験談とマル秘話を大暴露

image01

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事

ロスカットする前に見て欲しい

ピックアップ記事

  1. スライド1

    2017.08.18 | 株/初心者/おすすめ, 株の始め方/株入門

    株を始めるのに必要なこと
    講師…
  2. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株取引

    株をやりたいあなたが、開設すべき口座7選
  3. スライド1

    2017.08.18 | 株分析, 株取引, 株用語, 株購入

    今話題のフィンテック関連銘柄を追え!
    昨今テレビのニュースを騒がせている、「フィンテック」…
  4. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株分析, 株購入

    投資の種類別おすすめ・手法と関連銘柄
    株式投資だけでなくをこれから始め…
  5. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株分析, 株取引

    スキャルピング手法のコツを掴んで株で勝つ方法
    はじめまして株アカデミーの小野寺です。デイト…
  6. スライド1

    2017.08.18 | 証券会社の選び方

    ネット証券比較ランキング2017、おすすめはどこの証券会社?
    早速株を、初めて行きたいということネット証券は一体の…
  7. スライド1

    2017.08.18 | 銘柄を選ぶ

    【必見】トヨタの株価は、今後どうなる?徹底予想!
    こんにちは!株を始めれる方でも特…
  8. スライド39

    2017.07.21 | ニュース, 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株購入

    【借金地獄】株で借金をした人たちの体験談
    株を始める目的は、「お金を増やす…
  9. スライド35

    2017.07.21 | 株の始め方/株入門, 株購入

    デイトレードの資金にはいくら必要ノウハウのまとめ
    デイトレードを始めるにはどれくらいの資金が必要なので…
  10. スライド31

    2017.07.21 | 株分析, 株購入

    ビットコイン銘柄仮想通貨銘柄
    こんにちは株アカデミーの小野寺で…