株売買益の税金対策とNISA(少額投資非課税制度)のしくみ

株で利益が出たら税金はどうすればいいのか?宝くじと違って、株の売買で利益が出た場合、税金を支払う必要があります。どのように税金を払えばいいのかについて解説します。

tax-eye-photo

株の売買で得た利益

仕事をして給料をもらうと所得税や住民税を払います。

株での利益もしっかりと申告して税金を支払わなければ脱税になってしまいます。

今後は、マイナンバー制度も始まるので、今まで以上にごまかすことはできませんので、税金の知識はしっかりと学んでおく必要があります。

株を売って得た利益は、所得税と住民税がかかります。

株の税率(20.315%)=所得税(15,315%)+住民税(5%)

※2013年1月から所得税には東日本大震災の復興増税(所得税に対して2.1%が上乗せ)が適用

利益に対して約20%の税金が課せられます。

これは、キャピタルゲイン(売買益)だけではなくインカムゲイン(配当)にも課せられます。

1年間(1月1日~12月31日)で売却益が出た場合、次の年のに税務署に確定申告する必要があります。

この申告は、給与や不動産などで得た利益と切り離して、申告分離課税で税金を納めます。

もし、このような計算が面倒な人は、特定口座を開設して「源泉徴収あり」を選ぶと申告をしなくても済みます。

特定口座とは

各証券会社で口座を作る際に、一般口座と特定口座を選ぶことができます。特定口座を選ぶと証券会社が所定の税額を徴収して、納税してくれるので確定申告は不要になります。もし、一般口座で、源泉徴収なしを選択した場合は、証券会社が作成してくれる年間取引報告書をもとにして自分で確定申告をする必要があります。

株でマイナスになった場合

一年を通じて損益がマイナスになった場合は、特定口座で税金を支払っていても、確定申告をすれば納めすぎた税金が戻ってきます。

確定申告で、その年に出た売却損を翌年以降3年間の株の売却益と通算することも可能です。

翌年以降の売却益にかかる税金が安くなります。

NISA(少額投資非課税制度)のしくみ

CMや駅の広告でよく見かけるNISAですが、いったいどういう仕組みなのでしょうか?

nisa-eye-photo

軽減税率の変わり

2013年の末まで、株の売却益や配当にかかる税率を20%から10%に下げる「軽減材率」という制度がありました。

しかし、14年からこの制度がなくなり、その代わりに、「少額投資非課税制度(NISA)」が作られました。

これは、長期で株を保有してくれる個人の投資家を増やそうということで始められました。

この制度を利用すると、株式や投資信託の売却益や配当が非課税になります。

20%と非課税では大きな違いがありますので、しっかりと理解して見ていきましょう。

NISAの制限

NISAはどこまでも無制限に利用できるというわけではありません。

「少額」というように、金額が決まっています。

1年間の投資額は100万円までという決まりになっています。

投資額は100万円までですが、非課税となる利益については上限はありません。

非課税期間は5年です。

毎年、新しく100万円の非課税枠が設定されますので、5年間で最大500万円まで非課税として利用できます。

5年後は、課税口座に移ります。

非課税の対象になる商品も制限があり、上場株式と投資信託となっています。

FXや外債、国債などには適用されませんのでご注意ください。

NISAは一人一口座

NISAの口座開設は一人一口座で日本に住んでいる20歳以上の成人に限られています。

銀行や証券会社を変えて、開設されることは認められていません。

ただ、いったん買い付けた株をほかの口座に移すことはできます。

両方の口座で非課税の取り引きをすることは認められていませんので、証券会社ごとに何個も開設してもあまり意味はないので、ご注意ください。

基本的に、NISA口座を利用する場合は長期投資になりますので、短期の売買にはあまり向いていません。

短期の売買をする場合は、一般口座で取引することをおすすめします。

証券会社などで口座を作るのは、ネット証券などですと、2週間ほどですぐに売買ができるようになります。

しかし、NISA口座の場合は、そこからさらに必要書類を書き込んで住民票の写しを同封したりして、1~2か月ほどかかります。

NISA口座は投資した分を売却して、その枠が空いたとしても、同じ年にNISA制度を使うことはできません。

ですから、投資する金融商品は、なるべく値上がり益の大きい銘柄を選ぶことをおすすめします。

NISA以外の口座では可能な、「損益通算」という利益を損失を相殺するということはできないのでこちらも注意してください。

まとめ

税金についての基本をご理解いただきました。

NISA口座も制限が多いのでデイトレなどの短期売買におすすめできませんので、短期の場合は、一般口座か特定口座で取引するようにしましょう。

サラリーマンなどで確定申告が面倒という方は、特定口座を作って税金の申請をしてもらうと気にせず取引に集中できると思います。

マイナンバー制度がはじまると、すべての情報がすべて筒抜けになってしまいますので、申告漏れなどがないように注意しましょう。


無料動画:具体的な手法を無料オンライン講座で詳しく紹介

この無料オンライン講座に参加いただくと、現役トレーダー下山敬三氏が編み出したトレード手法「波乗り投資法」を詳しく学ぶ事ができます。
下山敬三氏は、世間で言われている投資ロジックとは真逆の、「ロスカットはしない」「取引銘柄は1銘柄のみ」の取引で、7年間勝ち続けています。

また、勝ち続けている証拠として、日々ブログな中で取引口座を公開している、正真正銘の勝てる現役トレーダーなのです。そんな下山敬三氏の取引手法「波乗り投資法」をこの無料オンライン講座で詳しく学べます。


具体的にどんな事が学べるか?というと

・ロスカットしない投資手法で、本当に勝てるの?
・なぜ、一銘柄で取引するのか?本当の理由とは?
・波乗り投資法に適した銘柄は?おすすめ銘柄プレゼント!
・含み損をプラスに変える具体的なテクニック公開!
・私、下山敬三の実取引を公開しての徹底解説


■無料オンライン講座
第1回:1日5分 ロスカット不要の非常識な投資術
第2回:株で勝ち続けるための銘柄の選び方の秘密
第3回:含み損をプラスに変える極秘ロジック
第4回:下山敬三の実取引を徹底解説!トレード実況中継
第5回:成功者の体験談とマル秘話を大暴露

image01

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事

ロスカットする前に見て欲しい

ピックアップ記事

  1. スライド1

    2017.08.18 | 株/初心者/おすすめ, 株の始め方/株入門

    株を始めるのに必要なこと
    講師…
  2. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株取引

    株をやりたいあなたが、開設すべき口座7選
  3. スライド1

    2017.08.18 | 株分析, 株取引, 株用語, 株購入

    今話題のフィンテック関連銘柄を追え!
    昨今テレビのニュースを騒がせている、「フィンテック」…
  4. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株分析, 株購入

    投資の種類別おすすめ・手法と関連銘柄
    株式投資だけでなくをこれから始め…
  5. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株分析, 株取引

    スキャルピング手法のコツを掴んで株で勝つ方法
    はじめまして株アカデミーの小野寺です。デイト…
  6. スライド1

    2017.08.18 | 証券会社の選び方

    ネット証券比較ランキング2017、おすすめはどこの証券会社?
    早速株を、初めて行きたいということネット証券は一体の…
  7. スライド1

    2017.08.18 | 銘柄を選び

    【必見】トヨタの株価は、今後どうなる?徹底予想!
    こんにちは!株を始めれる方でも特…
  8. スライド39

    2017.07.21 | ニュース, 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株購入

    【借金地獄】株で借金をした人たちの体験談
    株を始める目的は、「お金を増やす…
  9. スライド35

    2017.07.21 | 株の始め方/株入門, 株購入

    デイトレードの資金にはいくら必要ノウハウのまとめ
    デイトレードを始めるにはどれくらいの資金が必要なので…
  10. スライド31

    2017.07.21 | 株分析, 株購入

    ビットコイン銘柄仮想通貨銘柄
    こんにちは株アカデミーの小野寺で…