株を低資金でも取引する方法

株は普通持っている資金の範囲内で取引を行います。これを「現物取引」と言います。実は、これ以外でも取引する方法があります。今回はそこについて解説いたします。

sukunai-eye-photo

信用取引で大きな利益を狙っていく

実は、株というのは自分が持っている現金以上の株を買うことができます。

それを、信用取引といいます。

さらに、信用取引には、「信用買い」と「信用売り(空売り)」というのがあります。

信用買いというのは、株を買うお金が足りない時に証券会社からお金を借りて株を買う方法です。

仮に証券会社に預けているお金が50万円だとしたら手数料込みで50万円分しか買うことができません。

しかし、信用取引の場合は、約3倍の150万円で購入することができます。

株がなくても先に売ることができる

現物取引の場合は、持っている株を売ることしかできませんが、信用取引の場合は、先に株を売ってから、そのあとに買い戻すということができます。

これを「空売り」と呼びます。

これは、証券会社から株を借りて市場で売ってからそのあとに株を買い戻すという手法です。

それから、その株を証券会社に返すという仕組みになっています。

これは、どういうときに使うかというと、「この株はきっと下がるだろう」というときに利用します。

例えば、今後下がると予想している株が1000円だとします。

その株を証券会社から借りて先に売ってしまいます。

そうすると売った現金が自分に先に入りますよね。

そして、その株が900円に下がったときに、先に入った現金でその株を買い戻します。

その株券は証券会社に返しますが、自分には100円が残るわけです。

このようにして、利益を出す方法もありますので、覚えておくとよいですね。

sinyou-eye-photo

信用取引は2種類ある

信用取引には、「制度信用取引」と「一般信用取引」の2種類があります。

制度信用取引というのは、証券取引所が評価している「制度信用取引選定基準」を満たした銘柄のみを対象に行われる信用取引のことをいいます。

つまりは、証券取引所が認めた銘柄ということです。

返済期間は6か月以内と決められています。

金利なども証券取引所ごとに決められたものになっています。

一般信用取引というのは、投資家と証券会社の間で結ぶ契約になります。

投資家は証券会社から借りた資金に金利を上乗せして返済する必要があります。

金利や返済期間については、各証券会社が自由に決めていますので、そちらで確認が必要になります。

制度信用取引よりも少し金利などは割高になっています。

信用取引のメリット、デメリット

信用取引は、現物取引に比べてリスクの高い取引になっています。

以前は、だれでも簡単に取引できるというわけではありませんでしたが、ネットが進んだこともあり、規制が緩和されてきて、比較的だれでもできるようになりました。

信用をもとに預けている現金の3倍の金額を動かすことができます。

そうなると予想通りにチャートが動いた場合は、利益が3倍ですよね。

しかし、逆に予想に反してチャートが動いてしまった場合、マイナスも3倍になります。

こういう場合、委託保証金が足りなくなるケースが出てきます。

委託保証金は20%以上を維持する必要がありますのでその金額を割った場合、損切りをしてマイナスを覚悟するか、追証(追加で資金を預ける)しなければならなくなります。

そして、なにより注意が必要なのは、空売りのリスクです。

株価というのは、どんなに下がっても、0以下になるということはありませんよね。

しかし、上昇というのは、どこまでもありえますよね。

上値には制限がないのです。

もし、いつか下がるだろうとずっと持ち続けて、とめどなく上昇した場合、その被害はとんでもないことになる場合があります。

信用取引をする場合は、その辺も踏まえてリスクマネジメントをしていく必要があります。

信用取引にかかる追加コスト

信用取引は現物取引と違って、借りたお金の金利を払わなくてはなりません。

これは、普通の金融商品でお金を借りるときと同じ考え方ですね。

空売りの時は、借りた株に対しての貸し株料というのを払う必要があります。

現物にくらべて、信用取引は追加コストがかかることも覚えておきましょう。

大きく利益を出すことができるのは信用取引ですが、その分リスクも現物とは比較になりませんので、注意してください。

karui-eye-photo

めちゃくちゃ低資金から始める

株というのは、最低売買単価(単元株数)、つまり最低限の購入しなければいけない単位が銘柄ごとに決まっています。

例えば株価が2000円の銘柄があるとします。

その単元株数が100だとしたら、20万円が最低必要だということです。

いきなり株を初めて、20万円の株をいきなり購入するのは、ちょっと怖いな・・・。

という人もいると思います。

そんな方は、「ミニ株」「株式累積投資(るいとう)」から始めてみると良いかもしれません。

ミニ株とは

ミニ株とは単元株数の10分の1の株数で売り買いできる投資のやり方になります。

例えば、単元株数100株のものは、10株から買えます。

株式累積投資とは

株式累積投資、通称「るいとう」というのがあります。

これは、月に1000円から始めることができる株の積み立て投資のことです。

同じ銘柄に毎月決まった額の金額を投資していきます。

これは、短期で利益を出すというよりは長期投資をしたい方におすすめな手法です。

リスクを抑えることができますので、ここから始めてみるものいいでしょう。

ミニ株、るいとうのメリット・デメリット

少額の資金で始められるという点が大きなメリットです。

しかし、デメリットとしては、取り扱っている証券会社は一部に限られています。

銘柄も決められています。

それと、ある程度の株数にならないと、株主優待は受けられないという点もあります。

証券会社ごとの単元未満株取引

ミニ株、るいとうのほかに、証券会社ごとに単元未満株取引があります。

マネックス証券のワン株

マネックス証券の単元未満株取引に、「ワン株」というのがあります。

これは、1株から取引ができ、ほとんどの銘柄が1万円でも取引ができる内容になっています。

手数料も業界の中では最低水準で約定代金の0.5%(最低手数料48円税抜き)となっています。

SBI証券のS株

こちらはSBI証券の単元未満株取引です。

こちらも1株から取引が可能です。

ミニ株の場合は、10分の1からの取り引きでしたが、こちらは、100分の1や1000分の1からでも取引ができます。

S株の場合は配当も受け取れる場合もあります。

カブドットコム証券のプチ株

こちらは、カブドットコム証券の単元未満株取引です。

こちらも同様に1株から取引が可能です。

こちらの良いところは、下記のように取引できる内容が多いところです。

puthi-eye-photo

まとめ

最近では、少額から取引ができるようになっています。

まだ、手順に不安があるとか、リスクをあまり取れない。

資金があまりないがやってみたい。

そういう人たちでも気軽に始めることができるような環境になっています。

各証券会社でもネットから簡単に口座を開設することが可能です。

少額で始めたいのであれば、上記3社のうちのどれか口座を作って、はじめてみてはいかがでしょうか。

 


無料動画:具体的な手法を無料オンライン講座で詳しく紹介

この無料オンライン講座に参加いただくと、現役トレーダー下山敬三氏が編み出したトレード手法「波乗り投資法」を詳しく学ぶ事ができます。
下山敬三氏は、世間で言われている投資ロジックとは真逆の、「ロスカットはしない」「取引銘柄は1銘柄のみ」の取引で、7年間勝ち続けています。

また、勝ち続けている証拠として、日々ブログな中で取引口座を公開している、正真正銘の勝てる現役トレーダーなのです。そんな下山敬三氏の取引手法「波乗り投資法」をこの無料オンライン講座で詳しく学べます。


具体的にどんな事が学べるか?というと

・ロスカットしない投資手法で、本当に勝てるの?
・なぜ、一銘柄で取引するのか?本当の理由とは?
・波乗り投資法に適した銘柄は?おすすめ銘柄プレゼント!
・含み損をプラスに変える具体的なテクニック公開!
・私、下山敬三の実取引を公開しての徹底解説


■無料オンライン講座
第1回:1日5分 ロスカット不要の非常識な投資術
第2回:株で勝ち続けるための銘柄の選び方の秘密
第3回:含み損をプラスに変える極秘ロジック
第4回:下山敬三の実取引を徹底解説!トレード実況中継
第5回:成功者の体験談とマル秘話を大暴露

image01

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. スライド1

    2017.08.18 | 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株の始め方/株入門, 株の格言

    株を始めるのに必要なこと
    はじめまして…
  2. スライド1

    2017.08.18 | ネット証券, 株/初心者/おすすめ, 株の始め方/株入門, 株の買い方, 株取引

    株をやりたいあなたが、開設すべき口座7選
  3. スライド1

    2017.08.18 | テーマ株, ニュース, フィンテック関連銘柄, 仮想通貨ビットコイン関連銘柄, 株の勉強, 株分析, 株用語

    今話題のフィンテック関連銘柄を追え!
    昨今テレビのニュースを騒がせている、「フィンテック」…
  4. スライド1

    2017.08.18 | テクニカル分析/株チャート見方の基本, 投資信託, 株の勉強, 株の始め方/株入門, 株の買い方, 株取引, 株購入

    投資の種類別おすすめ・手法と関連銘柄
    株式投資だけでなくをこれから始め…
  5. スライド1

    2017.08.18 | テクニカル分析/株チャート見方の基本, 株の勉強, 株の始め方/株入門, 株の買い方, 株取引, 株購入

    スキャルピング手法のコツを掴んで株で勝つ方法
    はじめまして株アカデミーの小野寺です。デイト…
  6. スライド1

    2017.08.18 | ネット証券, 株/初心者/おすすめ, 株の始め方/株入門, 株購入

    ネット証券比較ランキング2017、おすすめはどこの証券会社?
    早速株を、初めて行きたいということネット証券は一体の…
  7. スライド1

    2017.08.18 | テーマ株, ニュース, 低位株, 優待株, 株/初心者/おすすめ, 株の買い方, 株購入, 自動運転車関連銘柄

    【必見】トヨタの株価は、今後どうなる?徹底予想!
    こんにちは!株を始めれる方でも特…
  8. スライド39

    2017.07.21 | ニュース, 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株の買い方, 株購入

    【借金地獄】株で借金をした人たちの体験談
    株を始める目的は、「お金を増やす…
  9. スライド35

    2017.07.21 | テクニカル分析/株チャート見方の基本, ニュース, 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株の始め方/株入門, 株の買い方, 株購入

    デイトレードの資金にはいくら必要ノウハウのまとめ
    デイトレードを始めるにはどれくらいの資金が必要なので…
  10. スライド31

    2017.07.21 | テーマ株, トレンド株, ニュース, フィンテック関連銘柄, 仮想通貨ビットコイン関連銘柄, 株/初心者/おすすめ, 株の買い方

    ビットコイン銘柄仮想通貨銘柄
    こんにちは株アカデミーの小野寺で…

ロスカットする前に見て欲しい