IPO株は勝てる?徹底解説!

スライド1

 

非常に高い確率で利益の見込める株として、熟練の投資家から株取引を始めたばかりの初心者にまで人気の株、それがIPO株です。

IPO株は何故こんなにも人気なのか、何故高確率で投資家に利益を生むのか。

今回は初心者でも簡単に挑戦のできるIPO株をわかりやすく説明しようと思います。

どんな株から手を付けたらいいのかわからない、そんな初心者の方、まずこれを読んでIPO株への挑戦を一考してみてください。

 

1章;IPO株とは

スライド2

1-1IPO株とは

IPO株-1-1

 

IPOとは「Initial Public Offering」の略で、日本語に訳すと「新規公開株」や「新規上場株」となります。

株式上場に際して、新たな株式が公募される、または、上場前に株主が保有している株式が売りに出されます。これらを証券会社を通じて投資家が投資する株のことをIPOと呼びます。

 

このIPOという手法を企業が行うことで、企業の一部上場に合わせての設備投資や従業員の増員を行えるというメリットが存在します。

そしてこのIPOで売りに出された株は非常に高確率で利益を見込めるという理由から投資家に人気のあるものになっているため、通常は抽選で購入者を決めています。

ではなぜIPO株は投資家に高確率で利益をもたらすのでしょうか?

 

それは、IPO株を出す企業側の思惑が大きく関与しています。

1-2何故IPO株は利益が見込めるのか

IPO株-1-2

IPO株は市場に上場する際、まず一時的な株価として「公募価格」が設定されます。

そしてこの公募価格はすでに上場している企業であれば、その時点での株価等を参考に決定することができますが、IPOは新規で上場する株式。参考にされるのはその企業の現在の実力、そして将来性です。

 

公募価格の決定方法は、まず、証券会社と機関投資家が仮条件を決定します。その場合の仮条件は2.000~2.500円といった形である程度の幅を持たせています。

そしてここで仮条件を個人投資家に開示、個人投資家がその条件でどの程度買いたいかといった市場調査を行います。この市場調査を「ブックビルディング」といいます。

そしてその調査結果を集計、その時点での市場の状況やブックビルディングの結果を考慮し、証券会社と企業による合議の結果、最終的な公募価格が決定します。

 

その際、IPOを行う企業側からすると、公募価格をあまり高く設定してしまうと株が売れなくなる心配、そして上場初日で大きく買いが入ってくれるようにと公募価格を低めに設定する企業の思惑があります。

そのため、上場初日には買いが多く殺到し、初値が公募価格を上回ることで、容易に利益を出せるのです。

 

ただ買って上場初日に売る。それだけで高確率での利益が見込めるのであればすべての投資家が手を出したくなるものですが、IPO株はこういったことからも非常に人気がでます。なので、投資家は証券会社の行う抽選に申込み、そこで当選しなければまず購入することすら叶いません。

IPO株は非常に高い勝率を誇りますが購入できない可能性も存分に存在します。であるからして、単純にIPO株のみを狙って投資しようとしてもなかなか上手く行かないのです

 

1-3勝率と敗因

IPO株-1-3

2012年から2016年までのIPO株において初値が公募価格を上回った確率はなんと約84%と、八割以上の確率で公募価格を上回っています。

これは単純にIPO株を公募価格で購入し、初日に売りに出すだけで利益の出た銘柄です。非常に高確率といえるでしょう。

しかし、逆を返せば残りの約16%は公募価格が初値を上回ってしまう(=負けてしまう)ということにもなります。そして、この現象を公募割れといいます。

 

株式という方法を使う以上、公募割れによる損失は起こりうるものと念頭に置くことは無論、必要になります。

 

では、どういった銘柄が公募割れを起こすのでしょうか。

 

まずは上場した時点で業績が赤字の企業の銘柄。

こちらは勿論公募割れを起こす確率が高いと言えます。

株式という土壌である以上、将来的に伸びしろのない会社は個人投資家も投資を敬遠するものです。

投資家による買い付けが無ければもちろん株価は上がらず、結果として公募割れを起こすのは必然といえるでしょう。

 

次は新規公開株数の多すぎる銘柄。

こちらはIPO株を多く出したせいでその分上場初日に買い注文以上の売りが入ってしまい、結果として初値を下げてしまったケースです。

IPO株は買う前に公開株数を確認できます。IPO株の抽選に当選したからと言ってなんでもすぐ買うのではなく、しっかりとその銘柄を見定めることも大事です。

 

そしてもう一つは、公募価格が仮条件の上限値でない銘柄。

IPO株は先述した通り、機関投資家等が決めた2.000円から2.500円のように猶予を持った仮条件に対し個人投資家などがブックビルディングを行ったうえでの市場調査で最終的な公募価格が決定されます。

しかし、この時点で猶予を持った仮条件における上限価格にならない銘柄は、既に不人気なのが明確になっていると言えます。

不人気な銘柄が上場初日から買われるかというとそれは非常に難しい話で、結果的に初値が公募価格を下回り公募割れを起こしIPO株を買った投資家が損をしてしまうという結果に至ります。

 

こういった公募割れを起こす銘柄の特徴を事前に把握しておくことで、自分が損をするケースを減らすことができます。

IPO株は非常に高確率での利益が見込めますが、そのうちの少数である損をするIPO株が存在する事、念頭においてください。

 

 

2章:IPO株を買うためには?

スライド3

IPO株を買おう!となり知識をつけた、そこから実際にIPO株を買うまでの説明をここからは簡単に進めていきたいと思います。

2-1証券口座を作る

IPO株-2-1

株式の取引をするうえで証券口座は勿論なくてはならないものです。

そして、ただ証券会社で口座を作るのではなく、IPO株を取り扱っている会社を選ぶ必要があります。

今回はIPO株を扱う主要な証券会社をいくつかご紹介します。

2-2IPO株を扱う主な証券会社

IPO株-2-2

「SBI証券」

SBI証券はIPO取り扱い銘柄の実績が多く、多くの投資家が利用している証券会社でもあるので、必ず口座は解説しておきましょう。

そしてこの証券会社でIPO株の取引をする最大のメリットは「IPOチャレンジポイント」という制度を用いているところです。

IPO株は抽選制ということは先述しましたが、その抽選に申込み、外れてしまった場合SBI証券さんですと「IPOチャレンジポイント」が1ポイント貰えます。

SBI証券さんが扱うIPO株の総数のうち、個人化投資分に回る約三割がIPOチャレンジポイント枠として別枠で用意されています。

そしてこのIPOチャレンジポイント枠は、抽選に申し込む際、ポイントを多く使った個人投資家から順番にIPO株の購入権が当選していくというシステムです。

 

多くポイントを使った人から当選するという制度のため、どの程度のポイントを利用すれば当選するかは、その銘柄ごとの人気によりますが、IPO株の抽選に参加するだけで付与されるポイントのため、普段から参加してポイントを貯め、ここぞというときに使う。といったこともできるので、使って損はない制度です。

 

 

「SMBC日興証券」

IPO株は、株式市場にて売買される通常の株とは違い、あらかじめ決まった株数だけ売りに出される株式です。

そしてこの決まった株数は複数の証券会社に割り振られ、そこから個人投資家に抽選で売りに出されます。

しかし、この株数の振り分けにおいて大きな差が出るのが「主幹事」と呼ばれる役割を持つ証券会社です。

証券会社はIPO株を扱う際、主幹事と委託幹事に分けられます。そしてこの主幹事とは企業が新規上場する際、メインでサポートする証券会社を指します。

 

そしてこの「SMBC日興証券」は他の証券会社に比べ、主幹事を務める機会が非常に多いのです。

主幹事になった証券会社にはIPO株のおおよそ八割から九割程度のIPO株が割り当てられます。そして、IPO株の割り当てが増えると、それだけ他の証券会社を使うより抽選に当選して購入できる可能性があがります。

ただし、出る株数が他と比べて例えば100倍だとしても、単純に当選確率が100倍になるというわけではなく、勿論抽選に参加する人数が増えれば増えるほど倍率は上がります。

しかし、他に比べて圧倒的に株の絶対数が多い証券会社であるため、比較的高確率でのIPO株の購入が見込めます。

 

そういったことからもこのSMBC日興証券はIPO株の取引において非常に効果的な働きが見込めるといえるでしょう。

 

 

マネックス証券

 

マネックス証券はIPOの幹事も多数請け負っておりますが、最大の特徴はIPOの抽選方式に「完全公平抽選」を採用しているところにあります。

これは、申込数に関係なく、申込者一名につき1抽選権が与えられることで、誰にでも平等に当選のチャンスが生まれるといったものになります。

投資資金量に関わらず、運さえあれば当選するため、一般の投資者にも平等の当選率になるため、非常に口座を作る価値のある証券会社といえます。

 

3章:IPO株の当選率を上げるためにできること

スライド4

専門的で難しい知識も必要なく、初心者でも安定して利益を見込めるIPO株ですが大きな欠点があります。

それは、抽選に当選しないと株を買うことすら叶わないことです。

 

IPO株の当選率をためにはいくつかコツがあります。それを知らずただ闇雲に抽選を受けてもなかなか当選しないのです。

では、そのコツとはいったいどういったものでしょうか。

ここでは当選率を上げる方法を幾つかご紹介します。

こちらのコツを役立てて是非当選率のアップを目指してみてください。

 

3-1証券口座を複数開設する。

IPO株-3-2

IPO株を買おうと思った人がまずするべきことはこの「証券口座を複数開設する」ことです。

 

様々な証券会社がIPO株を取り扱っていることは先述しましたが、それに伴って各証券会社によって取り扱っている銘柄は異なってきます。

つまり、ねらい目のIPO株が出るとなっても、そのIPO株を取り扱っている証券会社の講座がないことには抽選に参加する事すら叶わなくなってしまいます。

であるがゆえに、複数の証券会社の講座を持ち、IPO株の抽選を受ける権利を確保することは非常に大切といえるでしょう。

 

また、同じIPO株の銘柄でも、複数の証券会社が幹事になり取り扱うこともあります。

そのようなときも複数の証券会社の講座を持っていれば、その分同じ銘柄に対して複数の応募がかけられ、一つの証券会社から一回応募するのに比べて単純に2倍3倍の確率での当選が見込めるのです。

 

証券口座が増えると申し込みをする手間や管理が大変になるとは思います。

ですがその分IPO株は一件当選するだけでもその手間にあった見返りが見込めます。

そして口座を開設しても管理手数料等の無駄なコストがかかる事もないので、できる限り多くの口座を開設することを推奨します。

 

 

3-2資金をできる限り多く準備する。

IPO株-3-1

IPO株は証券会社に口座を開設するだけでは抽選を受けることができません。

IPO株の抽選に参加するためには「抽選時にその株を買うだけの資金が口座に入金されている」ことが条件になっています。

 

ここ数年の公募価格と単元数から割り出したIPO株を購入するために必要な資金は90%以上が50万円以下となっています。

なので、一回応募するためには最低でも50万円前後の資金を口座に準備しておくことが必要になります。

 

もし複数の証券口座を開設し、いくつかのIPO株に同時に申し込んだとしても、買い付け余力が足りていない場合、抽選資格を得る事ができないのです

 

また、別の方法として、先述したSBI証券の場合は入金額を増やすことで複数回の抽選を受けられるという特徴があります。

 

例えば、100株の買い付けで抽選を受ける場合は1回しか抽選が行われないのに対して、500株の買い付けで抽選を受ける場合は100株を一口とした5倍の5口、抽選を受けることができます。

勿論この方法で複数回の抽選を受けるためにはその分の買い付け資金が口座に存在することが条件になりますので、ある程度余裕を持った資金を持つことが大事になってきます。

 

また、条件によって差がつく証券会社はもう一件あります。それは「楽天証券」です。

この証券会社は取引実績や資産額に応じて当選確率が変動するシステムを採用しています。

具体的には、半年間の月間平均手数料が15.000円を超えている場合は当選率3倍の「IPOシルバー」となり、半年間の月間平均手数料が10万円以上、または預かり資産が1億円を超えている場合は「IPOゴールド」となり、当選率は5倍にもなります。

これは要するにお得意様になればなるほど優待され当選確率が上がるというもので、楽天証券をメインで使用する場合、非常にお得な制度といえます。

 

このように資金に余裕がある方はこの2社からの抽選を受けることでかなり有利になるため、当選率を上げる手段としては非常に有効といえます。

 

そして、これらの大きな資産を持っていようが全員が全く同じ抽選確率で受けられる証券会社が先述したマネックス証券であることも覚えておくことをお勧めします。

 

 

3-3SBI証券のIPOチャレンジポイントを使う。

 

先述した通り、SBI証券では「IPOチャレンジポイント」という制度が用いられています。

SBI証券は割り振られたIPO株のうち約70%は完全抽選によって行われます。この完全抽選が多くの株数で申し込むことでIPO株に当たりやすくなっているというものです。

そして残りの30%がポイント抽選の枠になっています。これは使用したIPOチャレンジポイントの多い順に当選者が決まる方式です。

このIPOチャレンジポイントのため方は、IPO株に申し込んで“外れる”度に1ポイント付与されます。このポイントを貯め続けることで、ここぞというときに使用することで当選が見込めるといったものになっています。

そして、このIPOチャレンジポイントを使用して仮に外れた場合でもポイントはなくならず、また戻ってきますので、外れてもチャレンジポイントは減らず、まったく無駄はない仕様になっています。

しかし、抽選の結果「当選」または「補欠当選」となった場合、必ず購入申し込みをしてください。これらは当選もしくは補欠当選になった時点でポイントは消費されます。そしてそれを放置してしまうとポイントはただ消失してしまうため、今まで貯めた努力が水泡に帰す形になってしまいますので、ポイントを使用した抽選に申し込んだ場合は必ず当落の確認を心がけましょう。

 

 

3-4主幹事を担う証券会社から応募する。

IPO株を扱ううえで主幹事と幹事が存在することは先述しましたが、これらを理解することで簡単に当選率を上げることが見込めます。

主幹事の説明は先述しました通りで、通常の幹事となった証券会社より多くのIPO株を取り扱います。これにより、主幹事の証券会社から抽選に参加することで単純に当選数が多くなっている分、当選確立を上げられるということです

 

銘柄によって主幹事はどの証券会社が担うかは変わってきます。これらを調べる方法としてはYAHOO!ファイナンスからIPO情報を確認することができます。

https://info.finance.yahoo.co.jp/ipo/

ここから主幹事を確認すると、回数的には大手の野村證券が多くなっています。が、このような総合証券会社の場合、IPO株の大多数が金融機関や大口の投資家に回ってしまいます。そうなってしまうと初心者や一般の投資家が入り込む余地がなくなってしまいます。

 

それでも調べてみると、SBI証券やSMBC日興証券等の証券会社による主幹事も見つかります。その際は他の証券会社から申し込むより主幹事の証券会社から申し込むことで、比較的容易く当選率のアップを見込めます。

 

 

 

これらの情報を総合的に捉え、自分の資金力、主幹事の証券会社、自分の所持する証券口座、それらを踏まえ、その時その時に応じた申込方法を精査することが必要になります。

このような小さな情報や自分の持てる手段を増やすことで、初めて当選確率の向上が初めて大きなものになります。

 

 

4章:IPO株初心者のための情報

スライド5

IPO株を買うための基本的な情報や知識は前述しましたが、IPO株を持つうえでの情報はまだまだ多くあります。そのなかでも初心者が絶対に持っているべき情報というものも存在します。

ここからはそれらの解説を行っていきたいと思います。

 

4-1初心者がする失敗

 

IPOが高確率での利益を生む最大の理由は購買価格と初値の動きが大きいことにあります。

しかし、ここを勘違いして「IPO株は上場してから値段が上がり続ける株」と認識してしまうケースが初心者には多く見られます。

そしてこれは株を取引するうえで非常に危険な思考であるのです。

それはいったいなぜでしょうか?

 

それは単純にIPO株が100%勝てる銘柄というわけではないというところにあります。

 

先述しました通り公募割れが起きれば、抽選に通って公募価格で入手しているにもかかわらず少なくない損失を被る可能性もあります。

この公募割れはどの銘柄で起こるのか100%予測できるものではないので、回避することは容易くありませんが、事前にそのIPO株の情報を仕入れ精査すればある程度自ずと見えてくるものになります。

そのためにも、どのような銘柄が公募割れを起こすのか、といった情報はしっかり念頭に置く必要があります。

 

そしてもう一つの理由は「IPO株は非常に値動きが激しい銘柄」というところにあります。

IPO株は初値が決まった後、さらに株価が急騰する銘柄も存在しますが、初値をピークとして一気に暴落する銘柄も多く存在します。

一時的に急騰したとしても数か月ないし数日で初値割れ・公募割れを起こす可能性を孕んだ株式なのです。

 

これらによる損失を避けるためにとれる対策として非常に有効的なのは「初値売りを徹底する」ことです。

初値売りとは、上場初日に売り注文を出すことで、所持しているIPO株に初値が付いた瞬間売却をすることができ「初値‐公募価格」の差益を確実に得ることができます。

IPO投資は初値売りが最も確実に利益を得ることのできる投資方法なのです。

そして、この投資法があるゆえに、IPO株は上場後大きな株価の変動が起こりやすいのです。

 

上場後も持ち続けていたい銘柄以外は基本的にこの「初値売り」を徹底することがIPO株においての必勝法といえるでしょう。

 

その他にも大口の株主が一定期間後に一気に株を売りに出すことも考えられます。

それらのリスクもこの「初値売り」を徹底することで回避することができるのです。

 

初心者の方はIPO株に対してこういったリスクが存在することを忘れがちです。

これらの回避できる損失を被る理由はありません。

しかし、間違った知識を持つことで被る損失は少なくないため、一つ一つを着実にこなすことが重要なのです。

 

 

まとめ

 

 

IPO株は最初に説明した通り、専門的な知識のない初心者でも非常に安定して利益を生める銘柄、というのは間違いではありません。

 

しかし、株式という土壌で起きる事であるが故、もちろん損失を被るリスクというものも常に孕んでおります。

それらのリスクをしっかりと理解したうえで、対処法やリスク回避を行うことで初めて安定した利益が生まれます。

 

適当な知識で挑んだところで、まず当選しないという問題。そして当選したとしても損失を被る可能性。

こういったことを回避するためにも、正しい知識を付ける必要。抽選を突破するためのコツ。これらの情報は初心者を助け、利益を生むための種になりえます。

 

自分で調べて知識をつける。ということに対して限界というものは存在します。

そういった際に、株式について初心者に正しい情報を与えるセミナーは数多く存在します。

調べた情報の正しさを調べるのと同様に、そういったセミナーであっても善し悪しはあります。それの検討を初心者の方には強くお勧めします。

IPO株という勝率の高い株で勝負するためのチャレンジ、折角であれば万全の状況で挑めるよう準備は怠らずにすすめてみましょう。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


株スクールの口コミ・評判


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. スライド1

    2017.08.18 | 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株の始め方/株入門, 株の格言

    株を始めるのに必要なこと
    はじめまして…
  2. スライド1

    2017.08.18 | ネット証券, 株/初心者/おすすめ, 株の始め方/株入門, 株の買い方, 株取引

    株をやりたいあなたが、開設すべき口座7選
  3. スライド1

    2017.08.18 | テーマ株, ニュース, フィンテック関連銘柄, 仮想通貨ビットコイン関連銘柄, 株の勉強, 株分析, 株用語

    今話題のフィンテック関連銘柄を追え!
    昨今テレビのニュースを騒がせている、「フィンテック」…
  4. スライド1

    2017.08.18 | テクニカル分析/株チャート見方の基本, 投資信託, 株の勉強, 株の始め方/株入門, 株の買い方, 株取引, 株購入

    投資の種類別おすすめ・手法と関連銘柄
    株式投資だけでなくをこれから始め…
  5. スライド1

    2017.08.18 | テクニカル分析/株チャート見方の基本, 株の勉強, 株の始め方/株入門, 株の買い方, 株取引, 株購入

    スキャルピング手法のコツを掴んで株で勝つ方法
    はじめまして株アカデミーの小野寺です。デイト…
  6. スライド1

    2017.08.18 | ネット証券, 株/初心者/おすすめ, 株の始め方/株入門, 株購入

    ネット証券比較ランキング2017、おすすめはどこの証券会社?
    早速株を、初めて行きたいということネット証券は一体の…
  7. スライド1

    2017.08.18 | テーマ株, ニュース, 低位株, 優待株, 株/初心者/おすすめ, 株の買い方, 株購入, 自動運転車関連銘柄

    【必見】トヨタの株価は、今後どうなる?徹底予想!
    こんにちは!株を始めれる方で…
  8. スライド39

    2017.07.21 | ニュース, 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株の買い方, 株購入

    【借金地獄】株で借金をした人たちの体験談
    株を始める目的は、「お金を増やす…
  9. スライド35

    2017.07.21 | テクニカル分析/株チャート見方の基本, ニュース, 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株の始め方/株入門, 株の買い方, 株購入

    デイトレードの資金にはいくら必要ノウハウのまとめ
    「会社の給料だけでは満足できなくてデイトレードを始め…
  10. スライド31

    2017.07.21 | テーマ株, トレンド株, ニュース, フィンテック関連銘柄, 仮想通貨ビットコイン関連銘柄, 株/初心者/おすすめ, 株の買い方

    ビットコイン銘柄仮想通貨銘柄
    こんにちは株アカデミーの小野寺で…

ロスカットする前に見て欲しい