【株用語】立会市場とは

image002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立ち合い市場とは

立会市場(たちあいしじょう)とは、証券取引所当の売買立会で個別競争売買で取引される市場のことを立会市場と呼んでいる。つまりは、株式を通常売買する証券取引所のことである。

立会市場では、価格優先の原則と時間優先の原則に従って、様々なブローカー(証券会社)から出された注文を結び付けている。

対義語として、証券会社などが独自に作っているPTS(システム取引システム)やToSTNeT市場などがある。これらを立会外市場と呼ぶ。

 

image003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立合市場概要

前述した通り、立会市場(たちあいしじょう)とは証券取引所当の売買立会のことで、個別競争売買で取引される市場のことを立会市場と呼んでいる。つまりは、株式を通常売買する証券取引所のことである。

 

立会市場では、価格優先の原則と時間優先の原則に従って、様々なブローカー(証券会社)から出された注文を結び付けている。

 

立会市場の対義語として東証のToSTNeT市場や、大証のJ-NETなどがある。これらを立会外市場と呼ぶ。この他に証券会社などが独自に作っているPTS(独自の施設取引システム)があり、ここでの取引は市場外取引と呼ばれる。

 

 

 

image004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立会取引と立会外取引

東京証券取引所での立会時間は午前と午後に分かれている。午前9時から午前11時30分までの立会を前場、午後0時30分から午後3時までの立会を後場と呼ぶ。デリバティブ取引が行われている大阪証券取引所では前後場の区別がなく、日中の立会時間は午前8時45分か午後3時15分までとなっている。さらに、午後4時30分から翌午前5時30分までの間も取引が行われており、これは「ナイトセッション」と呼ばれる。

 

これらの時間帯に取引することを「立会取引」と言う。基本的に、一般の投資家が取引できるのは、この「立会取引」と「市場外取引」である。

 

「立会外取引」は、午前8時20分から午前9時、午前11時から午後0時30分、さらに午後3時から主に午後5時30分まで行われる取引のことを指す。立会外取引が行われる市場として、東京証券取引所のToSTNeT(Tokyo Stock Exchange Trading NeTwork System)市場や大阪証券取引所のJ-NET、名古屋証券取引所のN-NETがある。

 

株価は需要と供給のバランスで決まるため、大口の売りや買いの注文が発生した場合には市場に与えるインパクトが大きい。従って、大口取引を行う機関投資家が一般投資家に影響を及ぼさないことが、立会外取引の主目的とされる。

 

立会外取引の中でも、個人投資家と関連があるのは「立会外分売」であろう。立会外分売最大の魅力は、前日の終値よりも安く株を買うことができるという点である。割引率は銘柄によって異なるが、たいていは3%から5%引きとなる。なお、取引所の規定で割引率は最大で10%となっている。立会外分売は通常の取引ではないため、売買手数料が無料となるのも利点として挙げられる。取得した株式はその当日から売却することが可能だが、売却時には通常の手数料がかかる。

 

この立会外分売が行われる理由の一つに、発行企業が流動性を高めるために行うというのがある。株を安く販売することで多くの投資家に買ってもらうことで、市場内での流通量を増やすという構想だ。株主が増やしてジャスダックから東証、あるいは、東証2部から東証一部への指定替えを視野に入れている場合もある。

 

この他に、保有株を売却したいと思っている大株主による思惑もある。一度に売却すると市場に与える影響が大きく暴落する可能性があるので、あらかじめ安く分売をして株価の変動を最小限にするのというのが狙いだ。

 

立会外分売は人気があるので、場合によっては抽選となることがある。買えるかどうかはわからず、仮に買えたとしても1単元から2.3単元なので、大きく利益が出るということはない。その他デメリットとしては、分売後に株価が下がる可能性、常に分売銘柄があるわけではない、等がある。購入できるのは午後6時頃から翌午前8時頃となっている。

 

分売の情報は証券会社のホームページで確認できるので、興味がある人はこまめにチェックしてみるといいだろう。

 

単一銘柄取引

取引時間外で行われる単一銘柄取引は、呼値をする時に相手となる参加者、銘柄、数量を指定して合致した場合に成立する相対取引である。取引時間は午前8時20分から午前9時、午前11時から午後0時30分、午後3時から午後4時30分となっている。

 

単一銘柄取引の対象となるのは、上場内国株式・外国株式・ETF・REIT・転換社債型新株予約権付社債(CB)である。これらを最低売買単位から取引することが可能であり、3つの取引方法が存在する。

 

1つめは、直近取引価格の上下7%以内で取引を成立させる方法で、この取引が行われる時間は午前8時20分から午後5時30分までとなっている。

 

2つめは、売買高加重平均価格(VWAP=Volume Weighted Average Price)に、顧客との間で予め定めた手数料相当額を加減した値段で取引をする「VWAPギャランティー取引」である。この取引が行われる時間は、午前8時20分から午前9時、午前11時30分から午後12時30分、午後3時から午後5時30分となっている。

 

3つめは、立会市場において顧客との間で予め決めた銘柄、数量のVWAPを目標として執行し、その結果を加重平均した価格で取引をする「VWAPターゲット取引」という方法である。取引時間は午前11時30分から午後12時30分、午後3時から午後5時30分となっている。なお、顧客執行結果の加重平均に手数利用相当を反映した価格での取引も可能である。

 

 

バスケット取引

大口の投資家がまとまった取引を行いたい時に、複数の銘柄をバスケット(かご)に入ったひとつの「商品」とみなして売買する手法である。15銘柄以上かつ売買代金1億円以上の場合に限り売買が可能な手法となっている。

 

ファンドや機関投資家がポートフォリオの銘柄入れ替え、運用株の売買、裁定取引の現物株売買などに利用することが多い。基本的には、大口投資家がまとめて売買したい銘柄の価格を指定して発注し、合意があると証券会社の自己売買部門と相対取引をするというシステムである。

 

これらは市場取引に影響を与えないためのものであるが、昼休み中のバスケット取引の内容が当日後場の株価と連動するのは、特に珍しいことではない。バスケット取引は立会市場が開いていない時間帯でも取引をすることが可能なうえ、その後で証券会社が市場で売買を成立させるので、立会市場が開いた直後に株価を乱高下させる要因となるからである。

 

 

終値取引

終値取引とは、直近の終値か売買高加重平均に基づいて行われる立会外取引である。立会市場での終値やVWAPを確認してから参加できるほか、ポートフォリオのリバランスなどで、バスケット取引の基準に満たない少数銘柄のバスケット注文についても終値等で取引をすることが可能だ。

 

取引対象となるのは、国内外の株式、ETF、REIT、転換社債型新株予約権付社債である。取引時間は8時20分から8時45分、11時30分から12時15分、15時から16時の3回となっている。

 

取引価格とされるのは、8時20分から8時45分は前日終値、11時30分から12時15分は前場終値、15時から16時は当日終値、もしくは、それぞれ直近の立会時間中VWAPとなる。売り注文もしくは買い注文の注文数量が少ない方の全てが執行されるまで約定が順次成立していくが、売り注文とそれに対応する買い注文を同時に発注するクロス注文は、他の呼び値に優先する。この取引には個人投資家、機関投資家ともに参加可能である。

 

 

これらの他に、大引けのストップ配分で配分されなかった時、ザラ場引けで取引が不成立だった時、バスケットやVWAPの取引で意図した株数を取得できなかった時などでも、ToSTNeT市場を利用して売買をすることができる。さらに、終値取引を利用した事前公表型の自己株式取得も可能である。

 

自己株式立会外買い付け取引

買方を発行企業に限定した、自己株式取得専用の取引である。要は、大量の保有株を売りたいが、立会市場で売却するとインパクトを与え株価が暴落する可能性があるので、発行企業に買い取りを依頼するものである。

 

終値取引では完全時間優先で売買が成立するのに対し、自己株式立会外買付取引では買付数量に相当する売付数量を東京証券取引所が定める配分方法をもって配分していく。取引対象は国内外の株式のみで、信用取引と貸借取引をすることはできない。

 

image005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市場外取引とは

 

日本の証券取引所諸規則では,株式の売買は取引所の市場内で執行することが原則となっている。これを「市場集中原則」と呼ぶが、例外として市場外で取引することを認めている。

 

例外として認められる主な事例としては、売買取引停止中の銘柄でこれを売買することが顧客のためになると取引所が判断したもの、取引所が許可した売り出し、TOB(株式公開買い付け)による買い付けの代理あるいは売りつけ、国や証券会社が行う競争入札に参加しての売買、等がある。

 

平成10年12月には、俗に言う「金融ビックバン」によって有価証券などの売買を取引所に集中させる「取引所集中義務」が撤廃されたために、証券会社などによる市場外取引も可能となった。

 

証券取引所を経由せずに行われる株式売買の中でも一般の投資家に馴染みが深いのは、PTSなど証券会社が独自に開設している「私設取引システム」を通して行う取引であろう。これは、「上場株券等の取引所金融商品市場外での売買等に関する規則」に従って行われる市場外取引ということになる。

 

対象となる銘柄は、東京証券取引所で売買されるものと同じである。PTSなどの市場外取引で購入した株を東証で売ること、またその逆も可能となっている。PTSは午後7時から午後11時59分の間も取引できることから、個人投資家を中心に人気が高い。取引手数料も、通常の取引に比べると5%ほど安く設定されている。近年では大口への規制緩和効果なども影響して、売買高が増加する傾向にある。

 

image006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

取引市場は様々なので、都合や用途に応じて使い分けるのが良いだろう。

株式投資をするのであれば、デリバティブ取引に興味がなくても大証の日経先物の動きは見て損はないし、お昼のバスケット取引に関するニュースは常にチェックしておく必要がある。

夜間でも取引ができるPTSは、日中に取引することが難しいサラリーマンにとって利用価値の高いシステムである。夜間に海外で不測の事態が発生した時でも素早く対応できるという利点もある。

夜間取引ができない証券会社の口座しか持っていない人は、PTSに対応している証券会社の口座を新たに作ることをおすすめしたい。


無料動画:具体的な手法を無料オンライン講座で詳しく紹介

この無料オンライン講座に参加いただくと、現役トレーダー下山敬三氏が編み出したトレード手法「波乗り投資法」を詳しく学ぶ事ができます。
下山敬三氏は、世間で言われている投資ロジックとは真逆の、「ロスカットはしない」「取引銘柄は1銘柄のみ」の取引で、7年間勝ち続けています。

また、勝ち続けている証拠として、日々ブログな中で取引口座を公開している、正真正銘の勝てる現役トレーダーなのです。そんな下山敬三氏の取引手法「波乗り投資法」をこの無料オンライン講座で詳しく学べます。


具体的にどんな事が学べるか?というと

・ロスカットしない投資手法で、本当に勝てるの?
・なぜ、一銘柄で取引するのか?本当の理由とは?
・波乗り投資法に適した銘柄は?おすすめ銘柄プレゼント!
・含み損をプラスに変える具体的なテクニック公開!
・私、下山敬三の実取引を公開しての徹底解説


■無料オンライン講座
第1回:1日5分 ロスカット不要の非常識な投資術
第2回:株で勝ち続けるための銘柄の選び方の秘密
第3回:含み損をプラスに変える極秘ロジック
第4回:下山敬三の実取引を徹底解説!トレード実況中継
第5回:成功者の体験談とマル秘話を大暴露

image01

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事

ロスカットする前に見て欲しい

ピックアップ記事

  1. スライド1

    2017.08.18 | 株/初心者/おすすめ, 株の始め方/株入門

    株を始めるのに必要なこと
    講師…
  2. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株取引

    株をやりたいあなたが、開設すべき口座7選
  3. スライド1

    2017.08.18 | 株分析, 株取引, 株用語, 株購入

    今話題のフィンテック関連銘柄を追え!
    昨今テレビのニュースを騒がせている、「フィンテック」…
  4. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株分析, 株購入

    投資の種類別おすすめ・手法と関連銘柄
    株式投資だけでなくをこれから始め…
  5. スライド1

    2017.08.18 | 株の始め方/株入門, 株分析, 株取引

    スキャルピング手法のコツを掴んで株で勝つ方法
    はじめまして株アカデミーの小野寺です。デイト…
  6. スライド1

    2017.08.18 | ネット証券, 株の始め方/株入門, 株購入

    ネット証券比較ランキング2017、おすすめはどこの証券会社?
    早速株を、初めて行きたいということネット証券は一体の…
  7. スライド1

    2017.08.18 | 株/初心者/おすすめ, 株購入

    【必見】トヨタの株価は、今後どうなる?徹底予想!
    こんにちは!株を始めれる方でも特…
  8. スライド39

    2017.07.21 | ニュース, 株/初心者/おすすめ, 株の勉強, 株購入

    【借金地獄】株で借金をした人たちの体験談
    株を始める目的は、「お金を増やす…
  9. スライド35

    2017.07.21 | 株の始め方/株入門, 株購入

    デイトレードの資金にはいくら必要ノウハウのまとめ
    デイトレードを始めるにはどれくらいの資金が必要なので…
  10. スライド31

    2017.07.21 | 株分析, 株購入

    ビットコイン銘柄仮想通貨銘柄
    こんにちは株アカデミーの小野寺で…